《チェレンコ》 [編集]

チェレンコ R 水文明 (2)
クリーチャー:サイバーロード 1000
シールド・プラス−このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。(こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)
このクリーチャーの「シールド・プラス」能力を使った時、その重ねたシールドの束を見てその中から1枚選び、自分の山札の一番上に置く。

DM-30で登場したサイバーロード

最軽量のシールド・プラス持ちクリーチャー
ただし、プラスしたシールドを見てその中から1枚を山札の上に置くので、シールドに重ねられた枚数は増えない計算になる。

何も考えず普通に召喚すると、シールド1枚と山札の一番上を見てそれらを交換してもよい、という能力になる。次のターン引けるカードを、若干だが操作できる。
たった2コストなので、とりあえずこの使い方で満足しても悪くはない。

特にS・トリガーデッキの半数以上を占める【トリガービート】の場合は高確率でS・トリガーを呼び込める。無論《エメラル》に比べると確実性に欠けるが、《エメラル》にありがちな「仕込んだS・トリガーよりも回収したシールドの方が強かった」といった事故をある程度防げる点では勝っている。

何かシールド&山札操作カードと絡めて使えば、さらにトリッキーな扱い方も可能だろう。《エメラル》以来の単色2コストサイバーロードという点も見逃せない。

既に殿堂入りした《エメラル》に代わる2マナサイバーロードであり、《エンペラー・マルコ》進化元として優秀なので、【マルコビート】に入るサイバーロードの駒がまた一枚増えたといえる。【サイバー青単】でも活用でき、比較対象としては《電磁封魔ロッキオ》《電磁王機ピッコリ・コイルンガー》の他《電磁封魔ルチアーノ》《ムゥリャン》辺りが挙げられる。

神化編環境における【サイバー青単】では1ターン目の《海底鬼面城》から2ターン目のこのカードに繋ぐのが理想の展開であった。

収録セット [編集]

参考 [編集]