《チキン・タッ() [編集]

チキン・タッ太 C 火文明[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ 5000
J・O・E 2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く。)
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。

DMRP-04裁で登場した火のジョーカーズ

《ドッカン!ゴートッQ》の下位種であるが、そもそも火系統のデッキでブロッカーを焼く場合はビートダウンを妨害されない為に焼くのであって、ブレイク数が少ないこのクリーチャーではそのコンセプトと矛盾してしまっている。
J・O・Eを持っていることから《メラビート・ザ・ジョニー》で踏み倒せるが、いかんせんサイズが小さくW・ブレイカーも持ってないため力不足は否めない。

そもそも《メラビート・ザ・ジョニー》を採用する場合はそちらの全体除去で場を一掃することが出来るため除去よりは《アイアン・マンハッタン》《超Z級 ゲキシンオー》などの登場時にブレイク出来るクリーチャーが優先される。

《ドンドド・ドラ息子》《ヤッタレマン》を絡めて極限までコストを下げられるなら上位種の《ドッカン!ゴートッQ》の方が旨味が大きいが、あちらですらほぼ不採用になる。

《武神兵ファイアー・バレット》上位互換ではあるが、火に寄せたジョーカーズでも考えなしに採用することは難しい。

コスト5以上でスピードアタッカーを持ち、J・O・Eコスト軽減できるジョーカーズとして、《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》革命チェンジ元としても使いやすい。
《キャタピラ親方》と比較すると、《制御の翼 オリオティス》のような早出しメタに弱い反面、cip持ちなのですぐ手札に戻してもディスアドバンテージにはならない。
また、《∞龍 ゲンムエンペラー》の登場以後は、素のコストが6であるため《ゲンムエンペラー》にスピードアタッカーを無視されない点も重要な差別化点となっている。

環境において [編集]

上述したように単体性能が低く、登場当時のジョーカーズの切り札である《メラビート・ザ・ジョニー》との相性も悪かった事から、採用される事はほとんど無かった。

《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》の登場以後は革命チェンジ元として価値が上昇。
DMEX-13期のチャンピオンシップで4位に入賞した【旅路バーンメアジョーカーズ】に投入されていた。

その他 [編集]

  • 名前の由来は「チキン(chicken:鶏肉)」と「立った」。「チキンの竜田揚げ(チキンタツタ)」を連想させる名前でもある。
    • クリスマスを思わせる紙バケツから出たフライドチキンが骨を足のようにして立っている様子が描かれたカードイラストとなっている。収録弾の発売日はクリスマスに近い。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]