《チューカツ・チュリス》 [編集]

チューカツ・チュリス C 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー 6000
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

DMRP-13で登場したビートジョッキー

準バニラだが、単色4コスト非進化で何のデメリットもない無条件のW・ブレイカーは珍しく、コスト論的には破格のスペックと言える。基礎パワー6000以上という条件を加えれば史上初のカードである。

しかし、コスト論がオーバーしていると言っても所詮は準バニラ。登場時の環境では《“罰怒”ブランド》《龍の極限 ドギラゴールデン》《轟く侵略 レッドゾーン》のような大型クリーチャーが3、4ターン目には飛んでくるため、活躍は難しい。

4コストで疑似W・ブレイカーに加えてスピードアタッカーラスト・バーストまで持っている《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》が既に存在するのも痛いところ。

  • 場持ちは4コストにしては良いのでシールド戦では採用圏内。
  • 「デュエル・マスターズ キング」23話では、今引きに頼らざるを得ない状況まで追い詰められたボルツがこのカードを引き当ててしまい、そのまま打つ手無く敗北。キング・オブ・デュエマッチ第2次予選敗退が決定してしまう。公式から残念なカード扱いされていることがうかがえる。
  • 『デュエル・マスターズ 十王篇フルコンプリートBOOK』には「昔は『W・B』ってだけで就活も引く手数多だったのにィ!!!…みたいな!!!」と書かれており、単なるW・ブレイカーではもはや力不足であることが示されている。

サイクル [編集]

DMRP-13で登場したバニラおよび準バニラサイクル。過去のカードと比べてすべてパワーが底上げされている。

関連カード [編集]

家族 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-13
    はあ、毎日毎日お祈りばかりッス……これじゃ、あこがれのエリート集団U・S・Aに近づくのも夢のまた夢か……ん? 「高収入のお仕事あります」……? よし、いっちょやってみるッス! ― チューカツ・チュリス

収録セット [編集]

参考 [編集]