《ツネキン☆ゲームス》 [編集]

ツネキン☆ゲームス R 水/自然文明 (4)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
相手は、自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストが大きいクリーチャーをバトルゾーンに出す時、かわりにそのクリーチャーをマナゾーンに置く。

DMEX-09で登場した/自然トリックス/チームウェイブ

cipクリーチャーを1体バウンス可能で、さらに相手がマナの数よりコストの大きいクリーチャーを出す時着地置換効果マナ送りにする能力を持つ。

高速化した現代の環境ではコスト4のコスト踏み倒しメタを出しても既に踏み倒されているといった状況も珍しくないが、このクリーチャーは自身のcipで対象のクリーチャーバウンスする事でその弱点をカバーしている。が合うなら【クラッシュ“覇道”】等の対策として、かつての《獣軍隊 ヤドック》以上の活躍が見込める。

【青黒ゲンムエンペラー】には間に合えば詰みに陥らせる事ができる。《∞龍 ゲンムエンペラー》が絶対に出せなくなり、《墓地の儀》では届かず、コスト8の《無量大龍 ドゥエ・ミリオーニ》で破壊しようにもこれがいては出すのが困難。

バウンスは自分のクリーチャーも対象にできるうえに任意。強力なバズレンダを持つ味方クリーチャーを再び召喚してバズレンダを使い回すと言った使い方も可能。また、特にバウンスしたいクリーチャーがいなければ使わなくてもよい。

強力なメタクリーチャーであるが多色カードである点は注意。投入枚数を増やすほど他の多色カードを投入しづらくなったり色事故が発生しやすくなる。デッキの動きが鈍くなった結果、召喚が遅れ踏み倒しを許すようではあまり意味がない。

登場時点では【“B-我”ライザ】も一呼吸置いて《U・S・A・BRELLA》を立てるケースが少なくなく、そうでなくとも召喚酔いが解けているクリーチャーを数体用意してから動くプレイングが取られることがざらであるため、割とこのカードが間に合うケースが想定される。

登場時のカードプールを考えると【青黒緑デッドダムド】【5色ドギラゴン剣】が適所。

環境において [編集]

十王篇環境ではバウンスGRクリーチャーに対して事実上の確定除去として働くことと、コスト踏み倒しメタ能力が【クラッシュ“覇道”】【“B-我”ライザ】への対策になることから、【青赤緑バーンメアジョーカーズ】で偶に使われるが、やはり多色でありマナタップインの弊害がある事から評価はマチマチである。【クラッシュ“覇道”】に対してすら、《MANGANO-CASTLE!》による展開と《無限合体 ダンダルダBB》による《MANGANO-CASTLE!》使い回しまでは封じきれないため、効果は薄め。

それでも《∞龍 ゲンムエンペラー》が登場すると、そちらを完全に封殺する札となることから評価が上がった。ただし、【連ドラグナー】の場合《ヘブンズ・フォース》によって最速2ターン目でそちらを出せるため、こちらも《ヘブンズ・フォース》でこのクリーチャーを差し込めなければ上ブレに間に合わない事も。

その他 [編集]

  • 名前は狐+Youtubeの動画チャンネル名に多い「○○ゲームス」。イラストでは5本の尾を持つクリーチャーに尻尾の絵文字が4枚貼付されている。合わせて9本となることから、特に「九尾の狐」をイメージしたのだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.>Q.バトルゾーンに相手の《ツネキン☆ゲームス》が1体います。自分は《∞龍 ゲンムエンペラー》を召喚しましたが、この《∞龍 ゲンムエンペラー》はバトルゾーンに出すかわりにマナゾーンに置かれてしまいますか?
A.はい、《∞龍 ゲンムエンペラー》はバトルゾーンに出ずに、そのかわりにマナゾーンに置かれます。
引用元