《ツルハシ童子(どうじ) [編集]

ツルハシ童子 P 闇文明 (5)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 1000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
スレイヤー(このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーに「ブロッカー」を与える。(「ブロッカー」を持つクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をそのクリーチャーに変更してもよい)

DMSD-15にて登場したデモニオ/鬼札王国

S・トリガーを持つスレイヤーで、cipで3枚の墓地肥やしと1体のクリーチャー墓地回収を行う。

さらに鬼タイムを発動するとブロッカーを得る。フルスペック単色多色の違いを考慮しなければ《デス・ハープ》《幕の内秘宝キャラベーン》上位互換となる。

条件付きとはいえ、相手のシールドが7つ以上ない限りは、ダイレクトアタックを受けるまでにはブロッカーになってくれるため、スレイヤーもあって防御札としては十分。

ただ、墓地肥やしを行うデッキで、自分のシールドを削りながら相手にごり押しするというプレイングを行うデッキが、登場時点の環境ではあまり考えられなかった。
強いて言えば、【零龍墓地ソース】《暗黒鎧 ザロスト》を連打しながら《百万超邪 クロスファイア》でごり押しすれば能動的にフルスペックに到達することができるか。

墓地肥やしと墓地回収が付いた5コストのクリーチャーなので《Mの悪魔龍 リンネビーナス》でのリアニメイト範囲内となり、【5色ドギラゴン剣】にも悪くはない。《白骨の守護者ホネンビー》と異なり攻撃可能であり、より中速ビートダウンであるあちらのデッキに向いたのスペックとなっている。

環境において [編集]

登場当初は墓地肥やしをしつつS・トリガーブロッカーが必要なデッキがなく、スペックの割に活躍の機会が少なかった。
DMRP-15《∞龍 ゲンムエンペラー》が登場すると、【零龍墓地ソース】《零龍》抜きの従来型【墓地ソース】へ転換し、そちらで採用されるようになった。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]