《ディスペネ・ユグラシル》 [編集]

ディスペネ・ユグラシル UC 光文明 (3)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
相手のパワー7000以下のクリーチャーをすべてタップする。

DMRP-10で登場した呪文

相手のパワー7000以下のクリーチャーをオールタップする効果を持つ。

つまり《クイック・スパーク》コストではなくパワーを指定するようになったバージョンと言うべき存在。

だがオールタッパーが欲しいのならばより汎用性の高い《Dの牢閣 メメント守神宮》が好まれるだろう。1つの仕事しかできないカードの立場は登場時の環境では得てして悪い。呪文同士で比較しても、手打ちなら同コストのコスト《パシフィック・スパーク》で十分である。

  • 「ユグラシル」とは北欧神話に存在する架空の木「ユグドラシル」を捩ったものだろう。「ユグドラシル」はしばしば「世界樹」とも和訳される。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-10
    光文明には、闇文明との間を遮るための光の壁がある。その壁を発生させているのが、聖なる雷光の樹であるディスペネ・ユグラシルなのだ。

収録セット [編集]

参考 [編集]