《ディープ・パープルドラゴン》 [編集]

ディープ・パープルドラゴン SR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000
K・ソウル
W・ブレイカー
水の呪文または水のクリーチャーの能力によって、相手がバトルゾーンにあるクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。
このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーがバトルゾーンから自分の手札に戻された時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それが火のクリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい。

DM-36で登場したK・ソウル持ちのアーマード・ドラゴン
に強く、と組んでも強い」能力を持つ。

相手の呪文クリーチャー能力に対してアンタッチャブルになり、自分のクリーチャーバウンスされた時に山札の上を見て、それがクリーチャーならコスト踏み倒しバトルゾーンに出せる。
単色としてはやや珍しいテクニカルなカードであり、その点でもっぽい。能力だけでなく、イラストや名前も/多色だったとしても違和感がないデザイン。

バウンスされた時に発生する能力は、自分のカードによって手札に戻された時でもよいので、《バキューム・クロウラー》《アクア忍者 ライヤ》などと組んで能動的に活用できる。ただしクリーチャーをある程度デッキに入れなければならず、バランスは難しい。
カードのみで使うなら、同弾収録の《爆裂マグマキラウェア》と組み合わせてもよい。他には新キーワード能力マーシャル・タッチとのシナジーが強力。恐らくデザイナーズコンボだろう。
その他では、モヤシターンの終わりに手札に戻る《バザガベルグ・疾風・ドラゴン》などとも相性がよい。
多色では《即効!ホット・スプリングス》なら同時にバウンスも行える。タイムラグがあるのが難点。

K・ソウル持ちであり、自身のスペックもそこまで悪くない。
普通に使っても、青単はもちろん【5色コントロール】の大部分の除去手段を完封できたりと結構粘れるドラゴンではあるのだが、後半の能力を生かせるかどうかが活躍の鍵だろう。

  • 《怒英雄 ガイムソウ》と相性が良い。《怒英雄 ガイムソウ》によってコスト踏み倒ししたクリーチャーはターンエンド時に手札に戻るが、このクリーチャーの能力が誘発するのでバトルゾーンの味方クリーチャーの数を維持できる。《怒英雄 ガイムソウ》は能力の都合上に赤単に近いデッキで使われるため、このカードの能力が不発に終わることは少ないだろう。
  • 名前の由来はハードロックバンド「ディープ・パープル」だろうか。効果が楽曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」の名前のようにも見える。フレーバーテキストも楽曲「バーン」の歌詞から引用してると思われる。
  • 古代中国では紫色が高貴な色とされていたので、K・ソウルを持っているのはそのためだろう。
  • タカラトミーのHPで開催されたイラストコンテストの受賞作品の一つであり、このカードはグランプリを受賞した。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-36
    炎の大地から聞こえるのは「燃え上がれ」という叫びだけ。

収録セット [編集]

参考 [編集]