《デジロン》 [編集]

デジロン R 水文明 (4)
クリーチャー:サイバーロード 1000
ブロッカー
このクリーチャーがブロックした時、進化クリーチャーではない、「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンにタップして置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーを自分の手札に戻し、かわりに、タップして置いたクリーチャーが攻撃クリーチャーとバトルする。
このクリーチャーは攻撃することができない。

DM-14で登場したサイバーロード

ブロック時に手札からあらゆる非進化ブロッカーコスト踏み倒しできる強力な能力を持つ。
対象がブロッカーのみとはいえ、コストを無視して場に出せるのは魅力的である。

能力は強いのだが、自身のパワーが低くブロッカーを持っているため、ほぼすべての除去バトルゾーンを離れてしまうのが欠点。
また、このクリーチャーがいれば基本的に相手は攻撃してこなくなるため、狙って能力を使うことは難しい。攻撃強制能力と組み合わせるか、あくまで牽制程度になる事を承知の上で使うべきだろう。それを逆利用してブラフのような使い方も可能。
ただし手札が1つも無い時は能力を使えないため、ハンデスには警戒しておきたい。

文明入りの《ヘブンズ・ゲート》系のデッキに組み込むことで無理なく使える。
主力の一つである《悪魔聖霊バルホルス》攻撃強制能力で何度も能力を使えれば理想的。
バトルに勝つことでアンタップする《無限の精霊リーサ》や、強力なcipを持つ《奇跡の精霊ミルザム》等と相性がいい。

また、《ヘブンズ・ゲート》と違って文明の縛りがないことも頭にとどめておきたい。《真実の名 ゼッキョウ・サイキョウ》のようなスレイヤーブロッカー無色である《新聖綺神 クロスオーバー・ヨミ》を出したりもできるし、その気になればゼニスである《「俺」の頂 ライオネル》《「破滅」の頂 ユートピア・エヴァー》をも出すことが可能(召喚cipは使えないが)。

性質上除去の的になりやすいので、結果的に本命の大型クリーチャーが生き残りやすくなるのも期待できる。

収録セット [編集]

参考 [編集]