《デス・スモーク》 [編集]

デス・スモーク C 闇文明 (4)
呪文
相手のタップされていないクリーチャーを1体破壊する。

DM-01で登場した呪文
の基本的な除去呪文で、タップされていない相手クリーチャー破壊できる。

タップされていないクリーチャーしか選べない分、無条件の《チェイン・スラッシュ》よりもコストが低めに設定されている。

汎用性を考えると他の多くの確定除去に一歩劣るが、普通クリーチャーアンタップ状態で出て、召喚酔いによってそのままこちらにターンが来るので、少ないコストで返しのターンに始末できるという便利さがある。

使いやすさと軽さも相まって、上級者にとっても全く選択肢に入らないカードというわけではない。スレイヤー《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》などでタップ状態の相手クリーチャー除去できるデッキでなら十分に採用できる。

大型クリーチャーでもシステムクリーチャーであれば、ただ突っ立っているだけのことも珍しくなく、このカードで十分に対応できる。

しかし、上位種となる《地獄門デス・ゲート》の存在がネック。向こうは条件付きのリアニメイトが可能なうえ、S・トリガーで守備もこなせる。

また、1マナ上には非常に汎用性の高い《超次元ミカド・ホール》が存在する。パワー7000までなら《勝利のガイアール・カイザー》と組み合わせることで大抵そちらでも対処できてしまう。

こちらの武器はやはり軽さなので、刺さる相手を見極めたうえで的確に採用したいところである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]