《デビル・リンク・タブー》 [編集]

デビル・リンク・タブー R 闇文明 (10)
呪文
シンパシー:グランド・デビルとディープ・マリーン(この呪文を唱える時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のグランド・デビルまたはディープ・マリーン1体につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない)
相手は、次の自分自身のターンにクリーチャーを召喚できず、呪文を唱えることもできない。

DM-21で登場したシンパシー呪文
相手の次のターンの行動を制限する効果を持つ。

シンパシーこそついているものの、コストは10とかなり重く、当然ながらグランド・デビルディープ・マリーンを大量展開するデッキや、《ラッキー・ダーツ》などで正規のコストを払わないデッキでないと使いづらい。
また、禁止するのはクリーチャー召喚呪文の詠唱だけであり、ターン開始時のドローマナチャージをはじめ、クロスギアジェネレートクロス要塞化、何よりすでにバトルゾーンに出ているクリーチャー攻撃タップ能力の起動などはできるという点が厳しい。

幸い、グランド・デビルディープ・マリーンは大量展開に向いた種族なので、シンパシーをうまく使えば5マナ程度で唱えることができるだろう。
また、ちょうどグランド・デビルには呪文サイクロンをつける《封魔ラベリーズ》があるので、繰り返し唱えて妨害を続けるのもいいだろう。

  • こういった相手の行動を阻害する効果は、本来文明に多い効果なので、なかなか珍しい1枚。

サイクル [編集]

DM-21シンパシー呪文

収録セット [編集]

参考 [編集]