《デモニック・バイス》 [編集]

デモニック・バイス R 闇文明 (5)
呪文
相手は、自分自身の手札を2枚捨てる。

《スケルトン・バイス》調整版コストが1増え、相手が選ぶようになっている。

3マナ2ドロー《エナジー・ライト》が存在するため、さすがにハンデスとはいえ割に合わない感は否めない。
1コスト減ればナイト・マジックで同じ効果を発揮する《魔弾バレット・バイス》、1枚だけだがピーピングハンデスができる《解体人形ジェニー》などライバルが多数存在する。
さらに多色カードを多く採用したデッキにおいては2マナで3枚ハンデスできる《裏切りの魔狼月下城》が存在し、それらを押しのけてまで使われることは少ない。

また、かつては1コスト増えればハンデス枚数の多い《ソウル・アドバンテージ》が使えた(現在はプレミアム殿堂)。
その後にも同じく1コスト上に相手の手札を見ないで2枚落とし、かつ繰り返し使える可能性を秘めた《ガチンコ・ジョーカー》が、革命編ではクリーチャーとなりS・トリガーが付いた《特攻汽車ジェニー》が登場している。

そもそも再録されていないプロモーション・カードであるため、複数入手が難しいのも向かい風だった。DMX-22再録されたが、その前に《復讐 ブラックサイコ》がリリースされたこともあり、俄然立場は厳しかった。その後、《ブラックサイコ》が殿堂入りし、《龍装艦 チェンジザ》が登場してからは、使用者はそこそこいた。

しかし、DMRP-12完全上位互換となる《絶望と反魂と滅殺の決断》や、オレガ・オーラ版にあたる《零星アステル》も登場で、とどめをさされてしまった。共に同コストなうえ、前者は墓地から唱えることもできてハンデス以外にも選択肢があり、後者はこの効果にGR召喚も付いてくるため、この呪文の存在意義は完全に消えてしまった。

  • 一応、《絶望と反魂と滅殺の決断》に勝る要素はある。《絶望と反魂と滅殺の決断》でハンデスを2回選び、その時に相手の手札に《斬隠蒼頭龍バイケン》が1枚だけあった場合、1回目のハンデスで相手はマッドネス効果で《斬隠蒼頭龍バイケン》をバトルゾーンに出し、その後《斬隠蒼頭龍バイケン》の効果で《斬隠蒼頭龍バイケン》自身を手札に戻すことで、2度目のハンデスでもう一度《斬隠蒼頭龍バイケン》のマッドネスを発動させられるため、相手の手札を1枚も捨てさせることができなくなる。しかし、この呪文であれば《斬隠蒼頭龍バイケン》が1枚だけあり、他にマッドネスカードがない場合、1枚は捨てさせることができる。とはいえ、この程度の恩恵で汎用性で圧倒的に勝るあちらの枠を奪ってまで採用する意味は全くと言っていいほどないだろう。
  • 海外では以下の調整版が先に登場した。
    Cranium Clamp R 闇文明 (4)
    呪文
    相手は、自分自身の手札を2枚捨てる。
  • DMX-22のフレーバーテキストは4年近く未来のDMRP-12で実用的な完全上位互換が2枚出たことを考えると中々の皮肉である。
  • 「Demonic」とは「魔力を持った」という意味の英語。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMX-22
    お前は地獄行きだ。 ---ゴクオーくん
  • プロモ(P13/Y5)
    一度目覚めさせてしまったの力は、決して封印しきれるものじゃなかった。

収録セット [編集]

参考 [編集]