《デモニック・プロテクター》 [編集]

デモニック・プロテクター R 闇文明 (1)
クロスギア
これをクロスしたクリーチャーが破壊された時、カードを1枚引いてもよい。

DM-14で登場したクロスギア

文明ドローを強化できる珍しいカードであり、初期のクロスギア

クロスギアなので、しつこく場に残ってハンドアドバンテージを稼ぎ続けてくれる。スレイヤーや自壊能力を持つクリーチャーと相性がよく、《飛行男》などにつければとてもいやらしい。

クリーチャーが破壊されてもアドバンテージを失わないのは強力ではある。しかし、クロスしなければ機能しない都合上マナが必要になるので、テンポアドバンテージではやや不利になることも。

クロスギアであることを活かして《ツナミ・カタストロフィー》進化させたり、《封魔妖スーパー・クズトレイン》よりも早く出せたりすることを活かしたい。もちろんが入らないデッキには重要なドローソースの選択肢になる。

  • 「低コストのクロスギア」という観点で見ると、の1コストクロスギアには桁外れに強力な《クエイク・スタッフ》がある。人気ではそちらに押し負け気味。
    2枚合わせてクロスすればさらに嫌がらせになるが。
  • おそらくデザインの元になったのはMagic:The Gatheringの《頭蓋骨絞め》。
    ただし、あちらは能動的にクリーチャー破壊できる上に、1度にドローできる枚数も多いため、ほとんどのルールで禁止とされている。

収録セット [編集]

参考 [編集]