《デュアルショック・ドラゴン》 [編集]

デュアルショック・ドラゴン SR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 8000
S・バック:火
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドを1つ、墓地に置く。

DM-17で登場したアーマード・ドラゴン

S・バック能力で登場できるW・ブレイカーだが、cipで自分のシールドを1枚破棄しなければならない。

S・バックを持つことから殴り合いの途中に突然現れる点が強力で、【赤単速攻】【赤黒速攻】をメインにの入る速攻に入る数少ないドラゴン
シールドを失うのは痛いが、ミラーマッチなら《デュアルショック・ドラゴン》同士での相打ちS・トリガー除去以外でバトルゾーンを離れる事はまず無い。

【赤黒速攻】では《福腹人形コダマンマ》《斬斬人形コダマンマ》《花美師ハナコ》《堕魔 ドゥンブレ》を合わせて16枚まで入れられるため、2ターン目に3打点用意するというコンボも狙いやすくなった。
ただし自分のシールドを減らすリスクは決して無視できないので、慎重に使うようにしたい。

また、シールドを減らすということは、逆に言えば「シールドが少ないと強くなるカード」との噛み合わせが良いということでもある。
特に革命能力の登場以降は、シールドを減らしつつ頭数を増やせるこのカードが再び注目されている。
《燃える革命 ドギラゴン》を使う場合などは、これ1枚で革命の発動準備と進化元の確保を一度に行えるため、相性は悪くない。隠し味として1、2枚差しておくと思わぬところで役に立つかもしれない。
後に登場した鬼タイムとの相性も抜群である。《キズグイ変怪》などで手札に加えたシールドをそのまま戦力に変換し、さらに鬼タイムの到来を加速させることが出来る。

これからも【赤単速攻】【赤黒速攻】などではよく見かけるカードとなるだろう。

ルール [編集]

他のカード・デッキとの相性 [編集]

  • 赤単の旨みの1つは、シールドを割られた時のカードを確実に手札に加えられることである。他の文明を入れた場合でもそこそこS・バックを利用できるが、文明のバランスに気をつけるべきである。

環境において [編集]

DM-17での登場当時は、速攻相手だとシールドを1つ失うデメリットが大きく見られ、評価が比較的低かった。しかし、こちらも速攻で使うなら、相手の速攻に対してかなり有効だった。ノーコストで、相手より1ターン早くダイレクトアタックに持ち込める打点を形成できるのは、当時の速攻同士の戦いでは十分勝利に直結する要素であった。シールドを1つ犠牲にするデメリットも、そもそも相手に再びターンが返ってきてしまえば負けてしまうという状況で出すことになることが多く、返しの自分のターンでダイレクトアタックまで持ち込んでしまえば関係なかったため、デメリットとして機能しにくかったのである。

当時からそのカードパワーは高かったにも関わらず、評価を上げるのにかなり時間がかかった。大会でも実績を残していた者はそれなりにいたが、当時はチャンピオンシップのように実績がネット上に出回るような大きな大会は限られていたため、賛否両論程度までしか評価を上げられなかった。そもそも、ネットの利用者じたいが当時は少なかった。また、このカードの出生弾であるDM-17は、「終末ナスオ大戦と揶揄されるほど評価と売り上げが乏しく、スーパーレアであるこのカードの流出量が少なかったがために、実践で使われる機会にすら恵まれなかったことも大きな原因の1つだろう。

その後、《ライラ・ラッタ》《ライラ・アイニー》エピソード1ではcipシールドを手札に加える同色の《斬斬人形コダマンマ》が登場。2ターン目の召喚も可能となり、かなり使いやすくなった。

評価が本格的に上がり始めたのは、革命ファイナル期から。革命ファイナル環境において【赤黒ドギラゴン剣】でカウンターに使用される革命チェンジ元として採用された実績もある。シールドを削るデメリット革命0トリガーでカバーできる上に、返しのターン《蒼き団長 ドギラゴン剣》による1ショットキルが行われるため、使い勝手は決して悪くはかった。2ターン目に《勇愛の天秤》手札交換して、このカードを用意することでかなり殴り始めが速いデッキにも対処することができる。

そして、新章デュエル・マスターズ環境では【赤単ブランド】(当時は【ビートジョッキー】とも呼ばれていた)でマスターB・A・Dの補助に役立てる召喚回数を稼ぐための手段として使われた。超天篇では、この【赤単ブランド】が環境のトップメタの一角を上ったことにより、このカードの需要も急上昇した。GR召喚メタが跋扈する十王篇環境でも、超GRに依存しない打点形成手段として同じく【赤単ブランド】で使われ、鬼タイムとこのカードを組み合わせた型も見られた。

その他 [編集]

  • S・バックを抜きにしてもコスト論的にはそれほど悪くないスペックなので、普通に召喚する事も可能。ただ、【赤単速攻】の場合それだけのマナがたまらない事と、他にも選択肢がある事が辛いか。また、速攻以外でも火中心のアウトレイジのデッキなどで、墓地を肥やすための手段としてまれに投入されている事がある。

漫画での活躍 [編集]

  • 漫画「Duel Masters Rev.」にて、赤目龍神が未来戦で使用。S・バック能力により、龍神が自らシールドを蹴破って召喚した。なお龍神はこのカードの能力を指して「俺を攻撃した時がお前(未来)の負け」と発言している。

収録セット [編集]

参考 [編集]