《ドヤガオー》 [編集]

ドヤガオー VR 自然文明 (7)
クリーチャー:トライストーン 9000
W・ブレイカー
自分の無色クリーチャーがバトルゾーンを離れた時、そのクリーチャーとコストが同じ無色クリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。

DMR-08で登場した自然トライストーン

能力自体は《ジェネラル・クワガタン》《黒神龍グールジェネレイド》等と似ているタイプの物で、要は除去に対して大幅な耐性を得られる、という認識でおおよそ間違っていない。
特にこのカードは破壊以外の方法にも反応するため、しっかりとマナに埋まってさえいれば複数回の除去にも耐えられる。マナ送りは実質的に無効というあたり強烈である。
エターナル・Ωを発動した場合でも、「バトルゾーンを離れた」という点は変わらないため、その場合でも展開できる。

しかしながら、そもそもの問題として「色を持たない」無色を大量にマナに埋める必要があるのは考えものである。必然的にマナゾーンの文明数は少なくなりがちなうえ、このカードが登場していた時期の最軽量の無色が《インガ・ルピア》の4であったので、中々厳しかった。

そもそもこのカード自体が7とそこそこ重いため、扱う際には極力自然無色のみでデッキを構築する必要があるが、この手のカードのお約束として自身が真っ先に狙われる。そこをどうにかして対策しなければならないが、回収手段を用意するには先述の文明を追加しづらい点が足を引っ張る……と扱いは想像以上に難しい。

それでも、同じ自然文明である《獰猛なる大地》とのコンボは強烈で、マナに埋めてあった《ドヤガオー》を引っ張りだしつつ、相手のクリーチャー除去として使える。《墓地の守護者メガギョロン》を出せば《獰猛なる大地》を回収できて相性抜群である。

  • このクリーチャーがいる時に自分のゴッド・ノヴァが離れた時は離れた方のコストを参照する(暫定)。その為、マナゾーンから離れるクリーチャーにあったゴッド・ノヴァを選べばよいので耐性はかなりのものになる。また《妖精左神パールジャム》でマナがかなり増えるのでマナゾーンがゴッド・ノヴァ不足になる心配も少ない。
  • 元ネタはしたり顔、得意顔を意味する「どや顔」だろう。しかしこのクリーチャー、イラストではまったくどや顔できておらず、ごつい相撲取りのような顔になってしまっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]