《ドンドン火噴(ボルカニッ)くナウ》 [編集]

ドンドン火噴くナウ R 水/火/自然文明 (5)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚をマナゾーンに置き、1枚を手札に加え、残りの1枚を墓地に置く。こうして墓地に置いたカード以下のコストを持つ相手のクリーチャーを1体破壊する。

DMRP-17で登場した//自然S・トリガー呪文

《天災 デドダム》と同じく山札の上から3枚見て、手札マナゾーン墓地に1枚ずつ振り分ける。

文明は、手札補充マナ加速自然までが共通で、《デドダム》の場合はそれプラス墓地肥やしの3色だった。

こちらは、結果としては同じく墓地肥やしだが、コスト火力の疑似ディスカードとしてとしての効果になっている。

比較対象となるのは、手札とマナを潤し条件付き除去を持つ《ドンドン水撒くナウ》S・トリガー呪文という点でも共通している。
あちらは水/自然の2色のため青黒緑などに適合している点とマナ回収ができる点が特徴で、こちらは除去バウンスではなく破壊である点や山札を3枚掘り進められる点、青赤緑3色のマナ基盤となり【5色コントロール】などに適している点で、入るデッキは全く異なってくることだろう。【5色グレンモルト】に両方投入されることもある。

ただ、5コストというのは登場時点の環境では除去としてもリソース確保手段としても重いと感じることだろう。かといって防御札、カウンター札としても絶対的な安心感があるとは言い切れない。採用枚数を抑えて投入するのが吉か。

一見すると【4色デッドダムド】【4色万軍投モモキング】の強化札だが、あちらはただでさえ多色が多いため多色カードの比率には考慮が必要である。

  • 相手クリーチャーの破壊は強制である。相手のクリーチャーを破壊したくないなら、手札やマナに置きたいコストの小さいカードでも、破壊しなくて済むように墓地に置かざるを得ないということが考えられる。
  • カードイラストにはジョウロ型の火炎放射器を持っており、眼鏡をかけてへそ出しミニスカートという格好の、リアルな頭身をした女性が描かれている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-17(通常版)
    恋する妖精は大地に潤いを与える。情熱的な妖精は灰すら残さない。
  • DMRP-17(8A/20)
    妹LOVE! アジサイちゃんに近づくヤツは、みんなも~えろ~! ― 情熱妖精ヒガンナ

収録セット [編集]

参考 [編集]