《ニドギリ・ドラゴン》 [編集]

ニドギリ・ドラゴン R 火文明 (5)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ハンター 5000
各ターン、このクリーチャーがはじめてタップした時、アンタップする。
このクリーチャーは、可能なら各ターン2度攻撃する。

DMR-01で登場したアーマード・ドラゴン/ハンター
《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》と同じアンタップ能力を持つ。

打撃力が2倍なのは強力だが、強制攻撃によって必ず2度攻撃しなければならないのは紛れもないデメリット
それに加え、5コストパワー5000というインフレが進む現在ではやや残念なスペックなので、少々厳しいか。

種族ハンターであり、複数回攻撃することで《熱血ボス!バルス・カイザー》能力を2回使えるなどの利点もある。そのあたりを生かして運用することになるだろう。

《トリコロール・ブーメラン》を使うと1ターンに4枚ブレイクできる。

  • フレーバーテキストは元サッカー選手のロベルト・バッジョの言葉「今を戦えない者に、次とか来年とかを言う資格はない。」が元だと思われる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMR-01
    今を戦えない者に次とか来世とかを言う資格はない。――ニドギリ・ドラゴン
  • プロモ(P18/Y10)
    俺たちは、厳しい試練にさらされようと、立ち上がり、また向かっていける!――ニドギリ・ドラゴン

収録セット [編集]

参考 [編集]