《バンオク・ロック》 [編集]

バンオク・ロック VR 自然文明 (4)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 4000+
このクリーチャーをマナゾーンから召喚してもよい。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。
バトルゾーンに自分のGRクリーチャーが3体以上あれば、このクリーチャーのパワーを+10000し、「T・ブレイカー」を与える。
自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分のGRクリーチャーが2体以下なら、このクリーチャーを自分のマナゾーンに置く。

DMRP-12で登場した自然ジョーカーズ/ワンダフォース

自分のGRクリーチャーが2体以下ならマナゾーンに移動する性質から《地掘類蛇蝎目 ディグルピオン》のように利用することもでき、マナゾーンに移ったあとはマナ召喚能力により手札に依存せずアンタップマナが4枚あれば好きな時にGR召喚を行えるカードとなる。

GR召喚の性質上タイミング良く欲しいカードが出るかは運まかせだが、《クリスマIII》《バイナラシャッター》などをGR召喚できればマナブーストや除去手段として活躍することもできる。cip等の効果でGR召喚できるクリーチャー全般に言える事であるが。

また、バトルゾーンに自分のGRクリーチャーが3体以上あればパワー14000のT・ブレイカー、さらにcipでGR召喚ができるという4マナとしては破格のスペックになるものの、S・トリガー《威牙の幻ハンゾウ》などのニンジャ・ストライクでGRクリーチャーを除去されてしまうとターンの終わりに自身の効果でマナゾーンに送られてしまう点には注意。
しかし前述のように自身をマナゾーンから召喚できるため、そこまで痛手にはならないだろう。

コストの軽さと自分でGR召喚が行えることから条件の達成は容易なため、GR召喚を多用するビートダウンでアタッカーとして運用するのも良い。

コスト4のジョーカーズであるため《タイク・タイソンズ》《シューズッキュン》などのJチェンジ持ちクリーチャーとの相性は抜群。GRクリーチャーが3体以上あれば2、3マナクリーチャーがいきなりパワー14000のT・ブレイカーに化けるため奇襲性に富んでいる。
仮にGRクリーチャーの数が足りなくても1回のGR召喚ターンエンド時に自身がマナブーストされるため高いアドバンテージが得られる。

環境において [編集]

DMSD-14DMSD-15期の環境に《タイク・タイソンズ》からこれに繋ぐ型の【青赤緑バーンメアジョーカーズ】が定着した。

その他 [編集]

  • 名前の由来はバンドグループ「ONE OK ROCK」と「バンク(銀行)」。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]