《バースト・ショット》 [編集]

バースト・ショット UC(R) 火文明 (6)
呪文
S・トリガー
パワー2000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

DM-02で登場した呪文

《地獄スクラッパー》が出るまで、【速攻】メタの主力カードとして活躍していた。
相手だけではなく、自分のクリーチャー破壊されるが、【除去コントロール】などのウィニーを並べないデッキならばデメリットはほとんどない。
逆に相手のクリーチャーが大型の場合は、効果が見込めずに手札で腐るのがネックである。

移り変わる環境の中、《地獄スクラッパー》の普及、上位の性能を持つ《ヘリオス・ティガ・ドラゴン》の登場、相手のみを対象に取る《スーパーバースト・ショット》、それを内蔵した《火焔タイガーグレンオー》、さらには《スーパーバースト・ショット》よりもコストが半分になった《ゼンメツー・スクラッパー》まで登場した。

純粋な使い勝手では一歩も二歩も劣るようになったものの、「自分のクリーチャーも巻き込む」というデメリットを逆手に取り、意図的にスーサイドを行いアドバンテージを稼ぐデッキで使われている。数々の上位互換が出てもなお、他の除去S・トリガーのスペースを押し退けて数枚差されることもある。

  • 長期の絶版が続き、入手も難しくなっている。
  • DM-30で類似効果を持つ《超鯱城》が登場。あちらの方が早いターンに出せるが、こちらは自分のpigの能動的使用が可能であり、デッキに入っているクリーチャーのパワーが2500以上だけならば効果に大差は無い。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]