《バースト・ショット》 [編集]

バースト・ショット UC(R) 火文明 (6)
呪文
S・トリガー
パワー2000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

DM-02で登場した呪文

《地獄スクラッパー》が出るまで、【速攻】メタの主力カードとして活躍していた。
相手だけではなく、自分のクリーチャー破壊されるが、【除去コントロール】などのウィニーを並べないデッキならばデメリットはほとんどない。
逆に相手のクリーチャーが大型の場合は、効果が見込めずに手札で腐るのがネックである。

移り変わる環境の中、《地獄スクラッパー》の普及、上位の性能を持つ《ヘリオス・ティガ・ドラゴン》の登場、相手のみを対象に取る《スーパーバースト・ショット》、それを内蔵した《火焔タイガーグレンオー》、さらには《スーパーバースト・ショット》よりもコストが半分になった《ゼンメツー・スクラッパー》まで登場した。

自分のクリーチャーも巻き込むデメリットを逆手に取り、スーサイド戦術を行えるのが唯一の差別化点であったが、DMEX-12にて2コスト軽い《クリムゾン・ビクトリー》が登場した。ツインパクトであるためガチンコ・ジャッジにも強く、趣味以外を目的としてこちらを優先して採用するデッキは事実上存在しなくなった。

  • 長期の絶版が続き、入手も難しくなっている。
  • DM-30で類似効果を持つ《超鯱城》が登場。あちらの方が早いターンに出せるが、こちらは自分のpigの能動的使用が可能であり、デッキに入っているクリーチャーのパワーが2500以上だけならば効果に大差は無い。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

第1弾のベリーレア、コスト6、S・トリガーサイクルとして登場した。

5枚のうち唯一自分も被害を受けてしまう。また、火力の定めで、使い勝手は環境にかなり左右される。

第1弾環境では《アクア・ハルカス》などパワー2000以下に使いやすいクリーチャーが多く、使えば相手のクリーチャーを広範囲に焼き払えるが自分も同様に大きな被害を受ける呪文になりがちであった。そのため、ほぼ【ボルメテウスコントロール】の専用カードのような立ち位置にあった。

第2弾環境では【青赤リーフ】【赤緑速攻】の対抗カードとして【ボルメテウスコントロール】以外でも採用が見られるようになった。

第3弾環境では【ダイヤモンド・ブリザード】にも刺さるカードになった。

第4弾、第5弾環境では、速攻対策に用いられるが、手打ちしやすい《ファントム・バイツ》が優先された。

第6弾環境ではついに《地獄スクラッパー》が登場した。これまでは《無頼勇騎ゴンタ》《血風神官フンヌー》といった《バースト・ショット》では倒せないクリーチャーも多かったため、速攻対策としてはこちらに座を譲るだろう。
《地獄スクラッパー》よりコストが1小さい点も、速攻メタとして使う場合はS・トリガーでしか唱えないため優位性としては乏しい。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]