《パニック・ルーム》 節を編集

パニック・ルーム R 光文明 (5)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにある相手の進化ではないクリーチャーを1体選び、裏向きにし、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに加える。その後、相手のシールドをひとつ選び、相手はそれを手札に加える。

DMR-05で登場したS・トリガー呪文

殿堂入りした《魂と記憶の盾》のように、相手クリーチャーシールド送りにし、その後シールドを1枚手札に加えさせる。

相手のシールドを増やす行為はデメリットになる場合もあるが、シールドのカードは回収が難しいため、破壊バウンスマナ送りとは一長一短。

この呪文の場合、直後にシールド手札に加えさせるため、シールドの枚数は維持され、実質的にバウンスを行った形となる。アドバンテージの上では《スパイラル・ゲート》と変わらないが、サイキック・クリーチャードラグハート・クリーチャーに対して使うことで除去+シールドブレイクという強力カードに早変わり。終盤の接戦の時には役に立つこともあるだろう。

また、ブレイクではないのでの身代わり能力を無視できる。【ネクラ超次元】などでよく見かける《ハッスル・キャッスル》および、シールド・フォースを適用した《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》の対策にも有効。

状況によっては単なる除去カード以上の活躍が見込める、なかなか便利なカードと言える。

関連カード 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集