《フューチャー・スラッシュ》 [編集]

フューチャー・スラッシュ P 闇文明 (7)
呪文
相手の山札を見る。その中から2枚まで選び、墓地に置かせる。その後、相手は自分自身の山札をシャッフルする。
※プレミアム殿堂

全方位カードファイルvоl.5の付録として登場した《ヘル・スラッシュ》調整版
本家よりコストが低いため下位種と言った方が適切かもしれない。海外で先に登場。

墓地に送れる枚数は2枚に減ったが、コストも7に下がった。
《ヘル・スラッシュ》よりもコストが1少ない分、一歩早くプレイできるのが強み。
効果の性質上、先に撃った方が相手の《ヘル・スラッシュ》《フューチャー・スラッシュ》を落とせるため、むしろ強化されているともいえた。

《ヘル・スラッシュ》殿堂入り後、穴を埋めるために採用された。
そちらを4枚積みにできた頃は単純計算で最大12枚の山札を削れたが、本家1枚とこのカード4枚を積めば最大11枚の山札を削れたため、結局ライブラリアウトデッキはほとんど弱体化しなかった。

《ヘル・スラッシュ》で問題とされた「相手の山札を見る」という点がそのままだったため、調整版としての意味を成していなかったカードである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • プロモ (P23/Y3)
    切り取るのは夢か現実か?それとも、魂か?

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 調整版で他にプレミアム殿堂入りしたカードは《母なる紋章》《ヒラメキ・プログラム》がある。