《ブラッディ・タイフーン》 [編集]

ブラッディ・タイフーン P(UC) 水/闇文明 (2)
呪文
自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を自分の手札に加え、残りを墓地に置く。

DMEX-06で登場した/呪文

山札の上3枚からカードを1枚をサーチし、残り2枚を墓地に置く効果。

《エマージェンシー・タイフーン》と異なり1枚墓地を肥やす量が多く、さらに山札を掘る範囲が1枚多い。

一方、多色であることは無視できない短所。マナの管理がシビアな3色以上のデッキではやや使いづらいだろう。

とはいえこのカードの登場時点の【ロマノフシャコガイル】青黒の2色であり多色も必要最小限にとどめるので、事故はそれほど気にする必要はないだろう。

また、S・トリガーを持っていないのも《エマージェンシー・タイフーン》との違いの1つ。【速攻】系統が幅を利かせる環境の場合は《エマージェンシー・タイフーン》の方を増やしてS・トリガーの付いていないこちらを減らすのも1つの手。

既に手札にあるカードを捨てることができないので特定のカードを墓地に落とすという目的にもやや不向き。デッキを3枚進められるの利点なので雑に墓地を肥やしつつキーカードをデッキから掘り起こすという運用が良いだろう。《エマージェンシー・タイフーン》を思わせるカード名だが、こなす仕事は別物。

環境において [編集]

登場からしばらくは【ロマノフシャコガイル】でポツポツと使われていたが、【カリヤドネループ】がブレイクするとそちらの主流パーツとして環境でよく見るカードとなった。

その他 [編集]

  • 他に比較対象を挙げるとすれば山札を掘る枚数や墓地肥やしの量が同じ《サイバー・チューン》だろう。あちらは単色、S・トリガー付き、墓地に落とすカードの自由度が高い、といった利点がある。一方で手打ちした時の早さとコストの軽さはこちらが一枚上手である。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]