《ペッペ・パイン》 [編集]

ペッペ・パイン UC 自然文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード 2000
自分のドラゴンの召喚コストを2少なくする。ただし2より少なくならず、かつそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
自分のドラゴンはすべてパワーを+1000する。

DMPP-07で登場した自然ファイアー・バード

ドラゴンの召喚コストを2下げられるクリーチャーには、既にコストが1軽い《コッコ・ルピア》がいる。パワーはこちらが1000高いが、どのみち《ファントム・バイツ》で倒されるラインであり、ドラゴンのパンプアップも微々たるもの。基本的に、《コッコ・ルピア》 の5枚目以降の運用になるだろう。

また、火文明を入れないドラゴンデッキなら候補に挙がるか。その場合、《コッコ・パルサ》や自然のマナブーストと使い分けまたは併用することになる。

低コストのドラゴンはコストパフォーマンスがやや悪いものが多いため、それらを用いる場合はパンプアップ能力はなかなか優秀。パワー負けしづらくなったり全体火力から逃がしたりできる。

  • イラスト、名前、能力《ドクガンリュー・パイン》を意識していると思われる。
    • 《ドクガンリュー・パイン》はコスト軽減量が1だが、《ペッペ・パイン》は軽減量が2に強化されている。
    • 《ドクガンリュー・パイン》を上方修正して収録することをしなかったのは、ドラゴンのサポートはファイアー・バードというデザインにしたかったのだろうか。
  • フレーバーテキストでは《センチネル・ドラゴン》と同様に「龍が復活した」とあるが、前弾のDMPP-06でも新規ドラゴンは収録されているので、ドラゴンが絶滅した期間がない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]