《ホルルン》 [編集]

ホルルン UC 水文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード 2000+
相手のターン中、バトルゾーンにある自分のサイバーロードすべてのパワーは+3000される。

DMR-05で登場したサイバーロード
相手のターン中、自身も含む味方サイバーロードすべてを+3000する。

全体的にパワーが低くなりがちなサイバーロードにとって、この手のパンプアップは非常に嬉しい。
相手のターンのみと限定的ではあるものの、メジャーな除去手段である《超次元ボルシャック・ホール》《超次元ミカド・ホール》に耐性をつけられるのはかなり大きいだろう。
またこのクリーチャー自身もパンプアップの対象となるため、ある程度除去されにくいのも大きな利点。複数体並べればより強力な布陣を敷くことが出来るだろう。

コスト区域には《クゥリャン》《クラゲン》等優秀なサイバーロードが存在するが、そもそもこのクリーチャー自体がある程度展開してから出す事が多いため気にならないだろう。パワー不足で悩まされているならば、十分に採用の価値あり。

  • 元ネタはプログラミング言語のHOLONだろうか。
  • 漫画「Duel Masters Rev.」では水元 恭平?未来戦で使用している。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ホルルン UC 水文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード 2000
相手のターン中、自分の他のサイバーロードはすべてパワーを+2000する。

世代を大きく先取りして実装されたためか、パンプアップが+2000に減少し、さらにこのクリーチャー自身は対象にならなくなった。
二重の弱体化はかなり痛く、《炎槍と水剣の裁》《サウザンド・スピア》パンプアップ対象のクリーチャーまでまとめて焼き払われかねず、殴り返される事を考えるとこのクリーチャー自身の攻撃参加もしづらくなっている。
パンプアップだけなら種族を問わない《曙の守護者パラ・オーレシス》も居るので、文明種族で差別化したいところ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]