《ボルシャックライシス・NEX(ネックス) 節を編集

ボルシャックライシス・NEX P 火文明 (15)
クリーチャー:メガ・アーマード・コマンド・ドラゴン/ハンター 25000
ダブル・シンパシー:ドラゴン(このクリーチャーの召喚コストは、バトルゾーンにある自分のドラゴン1体につき2少なくなる。ただし、コストは0以下にならない)
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
自分のドラゴンすべてに「スピードアタッカー」を与える。
自分のドラゴンが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがドラゴンなら、バトルゾーンに出してもよい。

DMEX-08で登場したド派手な能力を持つメガ・アーマード・コマンド・ドラゴン/ハンター

メガ・コマンド・ドラゴンアーマード・ドラゴンが合体したような新たな種族メガ・アーマード・コマンド・ドラゴンが付いており、ついでにハンターまで付いている。ボルシャックであり、NEXでもあるヒーロー性溢れるクリーチャーである。

いかにも【連ドラ】向けのスペックで、自分のドラゴンへのスピードアタッカー付与に加えて、自分のドラゴンの攻撃時に踏み倒しまで行われるため、次から次へとドラゴンが湧いてくることになる。正に「連ドラ」という言葉を体現したかのようなスペックである。
ただ、このクリーチャーはワールド・ブレイカーなので、ブロッカーを用意していない相手だと一撃で倒してしまう事もしばしば。幸か不幸か、これまでの【連ドラ】の様に山札をめくり続けるプレイングは意外と続かないか。

問題はコスト15という重さ。ダブル・シンパシーを使うよりかは、《爆竜兵ドラグストライク》《ドラゴンの執事ニャンパッタ》といったコスト踏み倒しで出すことも考えた方がいいだろう。

そして、もう一つ問題なのが、表向きにしたカードがドラゴンでなければ、そのカードは山札の一番上に残った状態になること。つまり、この状態になると、そのターンはもうこのカードで踏み倒しはできなくなる。このカードを活かすなら極限までドラゴンクリーチャー面の無いマナブースト手段はカットしよう。

登場時の環境で言えば【モルト NEXT】の強化パーツとしてピッタリ。重さも《爆熱王DX バトガイ銀河》踏み倒すなら関係ない。

【モルト「王」】なら、例えば11マナまで伸ばした上でバトルゾーン《爆裂遺跡シシオー・カイザー》《偽りの王 ヴィルヘルム》を置いておけば、素出しも有り得る。

  • 最初の攻撃で不発でもハズレは墓地や山札の下にはいかないので、何とかしないと次回以降の攻撃で後続が繋がらないことに注意。ここは《竜星バルガライザー》と同様。

関連カード 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集