《ボルシャック・バディ・ドラゴン》 [編集]

ボルシャック・バディ・ドラゴン R 火文明 (4)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 3000+
バトルゾーンに出た時、自分の山札からファイアー・バードを探索し、1枚を公開してから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。
攻撃中、自分のファイアー・バード1体につきパワーを+1000する。

DMPP-05で登場したアーマード・ドラゴン

軽量のドラゴンであり、ファイアー・バードをサーチできる能力から、それらを必要とするフェニックス進化元として有用。フェニックスのない通常のドラゴンデッキであっても、単純に手札補充ができる軽量ドラゴンというだけで十分価値があり、序盤に出せれば中盤以降のファイアー・バード今引き抑制が期待できる。
パンプアップは自身の能力でファイアー・バードを呼びこめる為噛み合っているが、如何せん上昇値は最低限の為、おまけ程度と見るべきだろう。
《パッピ・ラッピー》を呼び込めば、それだけでフェニックス召喚への下準備が整う。どちらも探索なので、デッキ構築次第ではランダム性も抑制できる。
また、《神滅翔天ザーク・ゼヴォル》と並ぶ最軽量ののドラゴンであるため、《神滅竜騎ガルザーク》(プレイス)のブレイク数を上昇する上でも役に立つ。

《翔竜提督ザークピッチ》を呼び込めばハンデスの牽制や次のターンの準備ができる。
DMPP-07までは、4ターン目にマッドネスを手札に抱える意味は薄かったが、DMPP-08にて《封魔魂具バジル》or《電磁傀儡ポワワン》《のろいとテラーの贈り物》のコントロールが確立されると、相手にマッドネスを見せつけることで相手はドローソースを実質封じられることになる。

  • 《ボルシャック・ルピア》のように《バディ》で《バディ》をサーチすることはできない。
    • 一応《バディ》→《ボル・ルピ》→《バディ》→……と相互サーチし続けることができる。しかし《ボルシャック・ルピア》の汎用性が低く、実現させても動きとして強いものでもない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-05プライズ
    王達の激突によって、世界が破滅へと進む。ボルシャック・バディ・ドラゴンは全ての戦いを終わらせるべく、その身を犠牲にする事を覚悟した。

収録セット [編集]

参考 [編集]