《ボルシャック・大和(やまと)・モモキング》 [編集]

ボルシャック・大和・モモキング KGM 火文明[ジョーカーズ] (6)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/アーマード・ドラゴン/レクスターズ 7000+
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。その2枚のコストの合計よりコストが小さい相手のクリーチャーを1体破壊する。
攻撃中、このクリーチャーのパワーを、自分の墓地にある火のカード1枚につき+2000する。

DMSD-17で登場したスター進化ジョーカーズ/アーマード・ドラゴン/レクスターズ

アタックトリガー墓地肥やしと同時にコスト火力を放つ事ができるパワード・ブレイカー
さらに攻撃中は墓地カード1枚につき+2000のパンプアップが行われる。
また、スター進化により擬似的な除去耐性も持つ。

コスト火力はデッキの上2枚を参照するので、最低でもコスト1以上を破壊できるが、融通が効かないため、大抵は後半の効果のサポートとして扱われることとなる。

墓地カードがあればあるほど攻撃中のパワー打点が上がるため墓地肥やしと大変相性が良い。
「攻撃中」から始まる能力およびパワード・ブレイカー常在型能力であり、常にその計算が行われる。
攻撃を開始した時点では墓地に火のカード1枚でパワー9000だったとしても、アタックトリガーで火のカードが2枚墓地に置かれたら、その瞬間に攻撃中のパワーは13000になり、ブレイク数も3に上昇する。

総合すると、効果全てが自己完結しているのが分かる。

スタートデッキの目玉カードだが、十王篇環境の基準で単体性能を見た場合、進化元が場に必要、《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーが不発になる、といった進化クリーチャー特有の悩みは据え置き。踏み倒し能力を持たず、除去の質・ワンショット適正・パワーも飛び抜けた優秀さはないなど、やや寂しい部分がある。
幸いにして、ボルシャック大和カテゴリに加えてサポートの多い種族に属するため、似たようなスペックのカードとの差別化は容易。
王来篇からの新種族レクスターズスター進化なども手厚くサポートされることが予想され、現状では使い勝手に関して言えば未知数である。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《ボルシャック・大和・モモキング》の「攻撃した時」の能力を使った際、山札の上の2枚が《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》とコスト4のカードでした。この場合、処理はどうなりますか?
A.《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》が墓地に置かれるかわりに、墓地にあるカードと《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》を山札に加えてシャッフルします。もう1枚のコスト4のカードは墓地に置かれるので、結果的に、墓地にはコストが4のカード1枚のみが残ります。その後、墓地に置こうとしたカードのコストの合計は12ですので、12よりコストが小さい相手のクリーチャーを1体破壊します。
引用元

Q.《デュエマの鬼!キクチ師範代》がバトルゾーンにいる状況です。自分の《ボルシャック・大和・モモキング》の「攻撃する時」の能力は、どのように処理しますか?
A.山札の上から1枚も墓地に置くことができず、置こうとしたカードを見ることもできません。山札はシャッフルしますが、相手のクリーチャーを1体も破壊できません。
引用元