《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》 [編集]

ボルメテウス・サファイア・ドラゴン VR 火文明 (10)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 11000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+3000
T・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを自身の手札に加えるかわりに墓地に置く。

DMC-27で登場したアーマード・ドラゴン

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》転生した姿という意味合いで登場した、DMC-27の5枚の限定カードのうちの1枚。
あちらよりコストが3重くなっているが、スピードアタッカーに1打点が付け足され、さらにビートダウン性能に特化されている。

スピードアタッカーシールド焼却T・ブレイカーはシナジーが大きく、切り込むことが出来ればで3枚ものシールドを葬り去る。相手から見れば突然シールドの半分が消え去ることになり、稼げるアドバンテージは大きい。
2回殴れば相手のシールドを6枚分消し去る事が出来、シールド焼却故にS・トリガー裁きの紋章Z、返しのターンの増えた手札による反撃を許さないため、対処もされにくく単体で殴り勝ってしまうことも少なくない。

発売当時のカードプールでは、自分の場に殴り手がいて、相手のシールドが3枚以下でブロッカーがいなければ勝ち同然であった。しかし、後に登場したシノビ革命0トリガーによって、そうも言えなくなった。

問題はコスト10の重さで、それらをどう克服するかが課題となる。またブロッカーに止められてしまうと、シールド焼却が武器である以上強みを発揮出来ない。
「出す方法」と「ブロッカーの対処」の2点が《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を運用する上での課題となる。

基本は順当にマナブーストするかコスト踏み倒しを狙うことになるだろう。
ビッグマナならマナからの召喚を視野に入れた、幅広い運用が可能。フィニッシャーであるため《ドンドン吸い込むナウ》とも相性が良く、時間を稼いだり邪魔なブロッカーバウンスしながら奇襲出来るタイミングを計ることができる。除去【マナソース】エンジンを兼ねる《無敵剣 カツキングMAX》とは相性がいい。
コスト踏み倒しを狙うなら【連ドラ】がいいだろう。小回りこそ効かないものの、コスト踏み倒しで出したいパワーカードとしては十分すぎる性能である。

性質的に一切クセがなく、「相手に手札を与えてしまう」というアタッカーが常に背負う難しさをも克服した、極めて扱いやすいパワーカードである。その奇襲性からビートダウンにも、相手に反撃の芽を与えず純粋なアドバンテージを稼ぐ点からコントロールにも採用できる。

無論、いくら使いやすく強力であるとはいえ、無作為に採用するのは禁物である。エピソード2以降ファッティフィニッシャーは爆発的に増えているため、デッキの方針と相談して適任なフィニッシャーを採用するべきだろう。
盤面に触れる効果を持たず、突破力に欠けており劣勢をひっくり返すのは難しい。適当に踏み倒したりマナブーストから繋げるだけであれば他のファッティの方が優位なことが多いため、用途を考えて採用を検討したい。

同じ火文明単色で10コストドラゴンだけで見ても、《勝利宣言 鬼丸「覇」》《二刀龍覇 グレンモルト「王」》《勝利天帝 Gメビウス》《龍世界 ドラゴ大王》など対抗馬は非常に多い。それぞれ明確な強みがあるため、デッキに合うものを選びたい。
ファッティフィニッシャーは相手に有効に働かない場合こちらの戦略に甚大な被害が及ぶため、運用が可能であれば複数を採用するのも手。他のフィニッシャーが刺さらない場合でも、もう一方が役割を遂行してくれるので、結果的に安定性を高めることになる。

高い奇襲性を持ち、純粋かつ強烈なアドバンテージを稼ぎ出す強力なフィニッシャーアタッカーである。攻撃を上手く通すことができれば、相手に有無を言わさぬ凶悪なフィニッシュ力を見せつけてくれるだろう。

環境において [編集]

転生編環境の末期、2006年2月11日発売のDMC-27で登場。この時期では、環境を荒しに荒らしまわった《無双竜機ボルバルザーク》が2006年3月15日付けでプレミアム殿堂を控えていたが、このカードはその後継者として環境を荒らすことになる(通称「サファイア地獄」)。
発売前は10というコストが重く見られ、前評価はマチマチだった。そんな中でも、極一部のプレイヤーは登場当初から膠着状態を続けて10マナ貯まった時のための詰め札として【除去バジュラズ】に投入していた。

実戦では《母なる大地》《転生プログラム》などのコスト踏み倒し呪文が4枚フルに使え、あっさりとコスト踏み倒しができ、コストの重さは大した問題にはならなかった。《セブンス・タワー》《大勇者「ふたつ牙」》などのマナブーストや、ドラゴンの豊富なサポートが充実しており、当時の環境も現代より遅かったことも大きい。そのため、《ボルバルザーク》のプレミアム殿堂後は一気にその評価を急上昇させることになる。

DM-18の発売後に行われた公式大会では、オープンクラスでアフタージェネレートリーグが実施された。ここではカードプールに制限が設けられ、転生編で登場、再録されたカードのみが使える環境となっていた。過去の強力なカードのいくつかが使えないこともあり、【サファイア】は遺憾なくその実力を発揮。《大勇者「ふたつ牙」》を中心にしたマナブーストと併せた【牙サファイア】が上位を独占した。通常の環境でも通用するデッキだったため、各地の公認大会でも使用者が多く見られた。

その後、不死鳥編に入るとDM-19にて《インフェルノ・ゲート》が登場。
これにより、《ダンディ・ナスオ》《エマージェンシー・タイフーン》で2ターン目からこのカードを墓地に落とし、素早くリアニメイトして殴るという凶悪な戦術が考案された。
これを導入した自然の4文明で構成される【茄子サファイア】が登場。殿堂入りではあったが山札破壊呪文《ロスト・チャージャー》は自分に使うこともでき、墓地肥やしマナブーストが同時に行えることからもリアニメイトは容易だった。3ターン目にマナブーストできれば、最速4ターン目に《インフェルノ・ゲート》から降臨させる事が可能。【サファイア】はその圧倒的なカードパワーにより一方的なゲーム展開に持ち込めたため、どこの大会でもこのカードをメインにしたデッキが環境を支配していた。

その後、【茄子サファイア】に対して有利に戦える【除去サファイア】が登場。このデッキタイプも《インフェルノ・ゲート》の高速召喚が可能な上、《魂と記憶の盾》などで相手の【サファイア】を墓地以外にも送れるので、【サファイア】時代最後のトップメタとなった。

転生編環境から不死鳥編環境を荒らし回ったことから、2007年1月15日にプレミアム殿堂が決定。登場から一年も満たない中でのプレミアム殿堂である。殿堂入りを介さずに直接プレミアム殿堂入りしたカードは《サファイア》が初の事例。一発でプレミアム殿堂に指定されたのは、【茄子サファイア】等の様に、このカードを手軽にサーチ墓地送りからの踏み倒しを行えるデッキが登場してしまったため、殿堂入りですら効果が薄いと判断されたのだろう。長らく公式大会などでは使用ができなくなった。

その後は長らく音沙汰がなかったが、エピソード2期に発売されたDMX-12ではプレミアム殿堂となったこのカード《無双竜機ボルバルザーク》とともに再録されるというサプライズがあった。

革命編に入ると2015年9月19日付けで、デュエル・マスターズ初のプレミアム殿堂の解除が決定した。元々デュエマに限らず「遊戯王」などごく一部のTCGを除いて禁止の格下げや制限解除といったものがほとんど存在しなかった為、当時ではまさに異例の対応であった。
殿堂の降格に伴いDMR-18にてシークレットカードとして再録され、完全新規イラストによるWINNERカード版も作られた。

当時と比べてカードプール全体がインフレしており、高速化で張り合えるデッキが増えたのは無論、優秀な除去の充実によって対処は容易になり、昔のように単体でシールドをすべて焼却することは少なくなった。対抗策が増えたので、運用しても秩序を壊さないと判断されたのだろう。
また、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を早期にバトルゾーンに出せる《インフェルノ・ゲート》《母なる大地》などがプレミアム殿堂したことも大きい。

殿堂復帰当初は主に【ロマノフサイン】に挿される形で大会に顔を出すことがあったが、徐々に盤面に触れられない点やブロッカーに弱い点などがネックになり、次第にこのカードは相性の良いデッキにも入らないことが増えた。
プレミアム殿堂指定前には《百発人形マグナム》以外にカードプール上に存在しなかったコスト踏み倒しメタによってあっさりと早出しが封じられる点、ビッグマナなら追加ターンによって下準備による遅れを取り戻せる《勝利宣言 鬼丸「覇」》の方が優先される点なども、このカードが復帰後もそれほど活躍していない要因となった。
しかし、デュエルマ☆スターカップ関東大会Cブロック優勝の白黒赤【ヘブンズ・ゲート】のフィニッシャーとして投入されており、ブロック構築ではカードパワーの高さを買われることもあった。

その後は環境の高速化やファッティのインフレ・カードプールの変化で低評価が続いた。
2ブロック構築の『DMGP-7th』でベスト32の【チェンジザ覇道】での採用が見られた程度で、特に殿堂環境ではめぼしい活躍が見られなかった。

これを受けてか2020年12月18日に殿堂解除。元々プレミアム殿堂に指定されていたカードが無制限になるのは《炎槍と水剣の裁》以来2例目。殿堂入りへの降格を経て無制限となったのは史上初。当時デュエル・マスターズ プレイスで実装されてからさほど日が経っていなかったため、話題性を重視してプレイス勢に向けてのTCG版の宣伝として解除したと考えられる。
殿堂解除後も使用率は芳しくなく、ビッグマナでも採用が見送られやすい。【5色蒼龍】シールド焼却を行うなら初動の色になる《古代楽園モアイランド》で十分であるため。

まとめ [編集]

かつてこのカードが大暴れできた最大の原因は、このカードが持つスピードアタッカーシールド焼却T・ブレイカーが絶大なシナジーを発揮していることもあるが、やはり《転生プログラム》《インフェルノ・ゲート》のようなコストを問わないコスト踏み倒し呪文が当時の環境に無制限で入り乱れていたせいで、重さがほとんどデメリットとして機能していなかったことも大きいだろう。コスト論的にみても、オーバースペックではなかった。

ただ、それらの使えないカードプールでも「サファイア地獄」は生まれており、一方で《サファイア》プレミアム殿堂後に《転生プログラム》《インフェルノ・ゲート》が環境を掌握したわけでもなかったため、当時としては「《サファイア》が元凶である」という見方は間違っていなかった。
《大勇者「ふたつ牙」》《セブンス・タワー》等、マナブーストから手出し召喚に繋げた場合でも当時としては間違いなく突出しており、今引きからでも突然現れ簡単に状況をひっくり返すことが多々あったため、当時の重量級のクリーチャーとしては確かに脅威のパワーカードであった。

このカードの事例に見習ったのか、後に強力な非進化ファッティを新しく収録するときは事前に当時主流だったコスト踏み倒しに規制がかかることが多い(例:《ボルシャック・クロス・NEX》の収録前に《インフェルノ・ゲート》プレミアム殿堂エピソード2の発売前に《母なる紋章》プレミアム殿堂)。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

DMPP-06にて登場。なんと、レアリティスーパーレアに格上げされただけで、実装当時はTCG版がまだ殿堂入りしていたにも関わらず、スペックはそのままで登場した。
デュエプレには《母なる大地》《インフェルノ・ゲート》といった汎用性の高いコスト踏み倒しカードが実装されていないことで、下方修正する必要はないと判断されたのだと思われる(後に《インフェルノ・ゲート》も実装されたが、そちらは下方修正を受けている)。

また、コスト10帯には《悪魔神ドルバロム》《聖霊王アルファディオス》も存在している。この2体は進化クリーチャーとはいえ、どちらも先に出されてしまえば《サファイア》を出すことが絶望的になる上、どちらもサポートカードが充実しているため相手に先を越されてしまうこともあるだろう。

  • 公式生放送のエキシビジョンバトルでは、全体除去のチャンスを見送った結果、青単ツヴァイランサーの展開力に《サファイア》召喚が間に合わず敗北していた。

《サファイア》同士のミラーだと、パワーアタッカーにより、先出しの《サファイア》が後出しの《サファイア》に殴り返しで倒される。ブロッカーをあまり出さない【除去サファイア】同士のミラーマッチだと特に生じやすく、シールド焼却できるからと言って先に攻撃すると損することもある。

  • 《サファイア》の実装が発表された2020年10月12日にはtwitterでサファイアがトレンド入りした。

環境において [編集]

次のDMPP-07で実装された《インフェルノ・ゲート》も、《サファイア》とは相性は変わらず良いものの、コストが7へ修正されたことでコスト踏み倒しカードとしての利点をかなり失うなど《サファイア》のみならず、組み合わせるサポートカードも全般的にTCGの反省が生かされていると思しい。

ただ、やはり召喚酔いしないシールド焼却持ちT・ブレイカーという性質が弱いはずもなく、【ヘブンズ・ゲート】【除去サファイア】などのコントロールフィニッシャー【聖獣王ペガサス】の踏み倒し先として活躍している。
このカードの登場によって、それまでは使うリスクに対してリターンが少なめだった《幻想妖精カチュア》が、コンボ成功時のリターンが増大したことにより【カチュアシュート】が環境に登場するという影響も及ぼした。

このカードの登場後の2020年11月に開催された第2回の公式大会の決勝トーナメントでは8人中4人が《サファイア》を採用しており、その圧倒的なカードパワーの高さとグッドスタッフ性を象徴する結果になった。しかし、それによってS・トリガーの使用率が下がったことで、S・トリガーに弱い【赤白速攻】が優勝することになってしまった。

その後もビートダウンコントロール問わず多くのデッキの主力フィニッシャーを務めたが、DMPP-08EXで登場した《驚天の超人》を軸にした【驚天トリガービート】 (デュエプレ)が流行してからは、そちらへの強力なメタカードとなるため更に評価を上げた。

総じて、《サファイア》がTCGで暴れていた時代と比べて、全体的に周りのカードパワーが高くなっており、強力なカードではあるがDP殿堂が叫ばれるほどの使用率にまでは達していない。
あくまでも『(相手が10マナまで貯めたならば)出てくる可能性が高い』ぐらいのものであり、別の勝ち筋を用意できるパワー持ちのカードが他にもあるデュエプレ環境においては、盤面が整う前に奇襲をかけられて負ける、という事態はかなり起こりにくくなっている。

  • ゲーム開始と同時に、マナが10溜まった状況で戦う『SPスタートチャージ10』『スタートチャージ10』ではこのカードは使用禁止という措置がとられた。
    先攻1ターン目に《サファイア》を出せれば、後手1ターン目はシールド残り2つという絶望的な状況から試合を進めなければならない。もしそのターンに《サファイア》を除去できなければ、先攻2ターン目に《サファイア》+適当なスピードアタッカー1打点で試合が終わってしまう。このように明らかなバランスブレイカーのため禁止されたことを疑問視する声は皆無だった。
    • ルール自体は《サファイア》が実装される前から存在しており、「《サファイア》を実装したからもうスタートチャージ10は開催されることはないだろう」という悲観的な予想もあった。むしろ、《サファイア》を禁止してスタートチャージ10が続投されたことはいい意味で期待を裏切ってくれたといえる。

その他 [編集]

  • 略称は「サファイア」「ボルメテ青」「ボルサファ」など。
  • 名前にある「サファイア」は、主に「青玉」、「蒼玉」の意味を持つ宝石で知られるが、「蒼炎」という意味を持つ。
    転生前は皮膚の色に合わせた名前だが、こちらは完全に「青」を強調するような名前になっている。
  • Deadmanは2021年4月に「好きなデュエマのドラゴンは?」と公式動画で質問された際にこのクリーチャーを挙げている。参考

このカードをコンセプトとしたデッキ [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • プロモ
    勝利と殿堂の栄光を君に!
  • プロモ(P116/Y16)(P59/Y17)(P60/Y17)(P61/Y17)(P62/Y17)(P63/Y17)
    15年続く決闘の歴史。その眼に焼き付けよ。
  • DMPP-06DMPCD-01
    超克せし伝説龍が、今ここに顕現せり!
  • DMEX-15
    もう痛みも…、なにも感じない……。だが勝舞…、見ろ。父ちゃんの勝ちだぞ……。 — 切札勝利
    —『デュエル・マスターズFE』4巻より

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]