《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン/ボルメテウス・レジェンド・フレア》 [編集]

ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン SR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに自身の墓地に置く。
ボルメテウス・レジェンド・フレア SR 火文明 (6)
呪文
相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
相手のシールドを1つ選び、持ち主の墓地に置く。

DMEX-04で登場したアーマード・ドラゴンツインパクト

クリーチャー面は《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》そのものである。
呪文面が付いた分だけほぼ上位互換となるが、あちらは《拷問ロスト・マインド》に引っかからないという利点がある。

呪文面は《灼熱波》上位種のようなカードであり、シールド焼却の対象が自分から相手に置き換わっており使い勝手が良くなっている。クリーチャー面や他のアタッカーを出す前に、呪文面でコスト踏み倒しメタなどを焼きつつ、次ターンに展開出来れば理想的だろう。呪文面は単発では単純なシールド焼却として微妙なので、《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》効果を増幅させ、《龍素記号Sr スペルサイクリカ》で再利用するのが吉。【ボルメテウスコントロール】に採用される多くのクリーチャーが火力の射程圏内に入るので、【ボルメテウスコントロール】限定戦などミラーマッチではこの呪文を何回打てるかが勝負を分ける。

クリーチャー呪文面ともにコストが重いのが難点。どちらもそのまま使うにはやや遅いので、軽減したり踏み倒すなどの工夫は必要である。幸い、呪文面はシールド焼却ができるのでループデッキフィニッシャーとして使う余地がある。

クリーチャー面のコストはちょうど《煉獄と魔弾の印》の上限の7であるため、呪文面を唱えた後に《煉獄と魔弾の印》でクリーチャー面のリアニメイトが可能。このコンボが決まれば合計3枚のシールド焼却ができる。

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を最大8枚積みできるようになったため、早期に踏み倒しができる《希望と勝利の伝説》の積極的な活用が考えられる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》で攻撃し、相手のシールドをブレイクする時、能力により相手のシールドが手札に加わるかわりに墓地に置かれました。この攻撃の終わりに《アーサー・ポンアタイム》の「キリフダッシュ」を使えますか?
A.いいえ、使えません。《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》の能力はブレイクを置換しているため、シールドのブレイクを発動条件としている「キリフダッシュ」も使うことができません。
引用元