《マニフェスト <マルコ.Star(スター)>》 [編集]

マニフェスト <マルコ.Star> SR 水文明 (4)
スター進化クリーチャー:トリックス/サイバーロード/レクスターズ 8000
スター進化:レクスターズまたは水のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、他のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、カードを3枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。

DMRP-17で登場したトリックス/サイバーロード/レクスターズスター進化クリーチャー

cipで他のクリーチャー1体を任意バウンスでき、アタックトリガー強制手札交換を行う。

除去ドローをしながらビートダウンができる。手札消費の激しい進化主軸のビートダウンドローの相性はよく、手札切れを起こさずにビートダウンを継続できる。バウンスで相手の妨害もでき、スター進化による除去耐性もあるなど、攻防一体の手堅いスペックとなっている。

デッキの枠を《一撃奪取 マイパッド》《海郷翔天マイギア》に割けば3ターン目に召喚することもできる。

登場時点の環境におけるオリジナル【ドギラゴン閃】ミラーマッチは盤面の取り合いでもあるため、相手の打点計算を狂わせるこのカードは重宝することだろう。【赤黒ドギラゴン閃】に入る革命0トリガー鬼エンドによる除去も1回だけなら耐えることができ、そのままダイレクトアタックを通せることも。

ルール [編集]

環境において [編集]

DMRP-17期のオリジナル環境では【鬼羅.Star】での活躍がメイン。一方、期待されていた【ドギラゴン閃】系列においては、素出しプランに使える除去付き打点要員として《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》が既に存在すること、そちらと異なり進化元を要求すること、何より4コストと《プラチナ・ワルスラS》より1コスト重いことから、不採用がざら。水単色の枠を既存のレシピ以上に増やせないという事情もある。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DMRP-17で登場したベリーレアスーパーレアでセットになっているスター進化サイクル
《「正義星帝」》《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》
《ネ申・マニフェスト》《マニフェスト <マルコ.Star>》
《虚∞龍 ゲンムエンペラー》《ゲンムエンペラー <デスザ.Star>》
《大爆龍 ダイナボルト》《ダイナボルト <エタフェニ.Star>》
自然《モモスター ケントナーク》《ケントナーク <ディルガ.Star>》

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] ただし、《ドルゲペイン》EXライフによりバトルゾーンに残った。