《ミラクル・ミラダンテ》 [編集]

ミラクル・ミラダンテ LEG 光文明 (7)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍 14500
革命0トリガー:クリーチャーが自分を攻撃する時、自分のシールドが1枚もなければ、このクリーチャーを手札から見せてもよい。そうしたら、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードが光の進化ではないクリーチャーなら出し、このクリーチャーをその上に置く。
進化:光のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーに「ブロッカー」を与え、相手のコマンドは攻撃できない。

DMR-20で登場した進化エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍

《ボルシャック・ドギラゴン》に続く2体目の革命0トリガーを持つクリーチャー

革命0トリガーが成功すればブロックによって《ボルシャック・ドギラゴン》と同じく相手のダイレクトアタックを阻止できる。《ボルシャック・ドギラゴン》よりもパワーが2500高く、更に一時的ではあるが相手コマンド攻撃ロックできるため、防御性能自体は非常に高い。
《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》と共に、DMD-30などののスターターデッキを手っ取り早く強化するのに最適なカードといえる。

この革命0トリガーの弱点は、「山札の一番上が呪文などであった(ツインパクトを除く)」または「山札の一番上が光ではないカードだった」ら、失敗してしまうことにある。

つまり、このカード単体で安定した防御札として期待するなら、デッキをなるべく白単フルクリーチャーにしなければならないということ。
呪文などを自由に入れられない白単ではデッキの自由度が低く需要が少ないために《ボルシャック・ドギラゴン》よりも安価に取引されている。

ただし、《ボルシャック・ドギラゴン》と併用し、相手から攻撃される際に同時に宣言をしておけばどちらも失敗するということは少ない(理由は後述)。
これを利用したデッキが【カウンタードギダンテ】である。

  • このカードの革命0トリガーの効果によって山札の一番上を表向きにしてそれが不適だった場合、そのカードは山札の一番上に戻され、《ミラクル・ミラダンテ》も不発扱いで手札に戻る。
    • その後、同じタイミングで解決するカードを他に宣言している場合、先程山札に戻したカードをまた表向きにすることになる。例えば山札の一番上が《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》なら、《ボルシャック・ドギラゴン》でめくられた場合は不発になってしまうが、すぐさま《ミラクル・ミラダンテ》がその《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》を進化元にしてバトルゾーンに着地できるわけである。
    • ちなみに、山札の一番上がどちらでも進化元にできないカード(進化クリーチャーなど)だったら同時宣言していても全滅してしまうので注意。《革命の鉄拳》などの山札シャッフル手段も同じタイミング宣言しておくことで、確定敗北から持ち直すことができる。
  • cipは、発動した時点で、バトルゾーンにある相手のクリーチャーに「自身がコマンドなら攻撃できない」という状態をかける効果である(ソース)。
    • ちなみに、発動した時点で「そのクリーチャーがコマンドなら、このターン(コマンドではなくなっていても)攻撃できない」という処理が行われていた時期もあった。
    • また、解決の後でバトルゾーンに出た相手クリーチャーは効果の対象外である。この点はあらゆる誘発型能力と同様である。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]