《メガ・マグマ・ドラゴン》 [編集]

メガ・マグマ・ドラゴン SR 火文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍 8000
このクリーチャーの召喚コストを、バトルゾーンにある相手のクリーチャー1体につき1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、パワー5000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

DMR-18で登場したメガ・コマンド・ドラゴン/革命軍

相手のクリーチャーの数だけ召喚コストが下がり、cipで5000以下を一掃する。

序盤に数で攻めてくる【速攻】【イメンループ】【バニラビート】などによく刺さるカードである。
自身がドラゴンである為サポートも豊富であり、【連ドラ】【モルト NEXT】の弱点であった【速攻】に弱いという点を補うことができる。
コスト8なので《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》の圏内でもある点も優秀。

5000以下の全体除去は自分にも及ぶので、自分も小型を並べるデッキであれば自滅する可能性があるので注意したい。
逆に自分にも被害が及ぶことを活かしてpig持ちと組ませるのもありだろう。《爆竜兵ドラグストライク》ドロン・ゴー持ちと組みあわせると面白い。

比較対象は《ボルシャック・スーパーヒーロー》《壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ》か。
前者は通常クリーチャーの一掃は3000以下である代わりに素のコストが6と軽く、ボルシャックサポートを受けられる点がある。
後者は文明である点、コスト6である点、自分には及ばない点、うまくクリーチャー破壊し続けられると5000以上のクリーチャー破壊できる点がある。

ウィニーを並べないデッキには刺さらず、準バニラ同然となってしまうため、環境でそのようなデッキが多く流行っているようであれば、採用は避けた方がいいだろう。

環境において [編集]

革命編環境でも十分役に立ったが、【レッドゾーン】ではパワーラインの関係上腐ることが多かったためこのカードを低く評価するプレイヤーも中にはいた。ウィニーに対しては《伝説の禁断 ドキンダムX》全体除去でも対抗できたため、ある意味では《伝説の禁断 ドキンダムX》と役割が被ることがあったと言える。

革命ファイナル環境では《蒼き団長 ドギラゴン剣》革命チェンジ元になりつつ全体除去を放つカードとしてその地位を向上させた。コスト8なので《時の法皇 ミラダンテXII》によって《伝説の禁断 ドキンダムX》禁断解放を未然に防ぐことができるようになった【サザン・ルネッサンス】の返しとしても実績を残している。

新章デュエル・マスターズ環境でもジョーカーズビートジョッキーに対して刺さるため依然としてデッキビルディングにおいて重宝されている。何より《洗脳センノー》《異端流し オニカマス》に対する対抗手段として有効。《制御の翼 オリオティス》に対しては自身が打点として残りにくいが、それでも有効な場合が多い。

しかし双極篇環境になると【モルト NEXT】殿堂レギュレーション改訂の影響で環境外に転落し、【ジョーカーズ】《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》殿堂入り《ジョット・ガン・ジョラゴン》の登場によってこのカードの起点になる状況を避けられるようになったため、使用率に陰りが見えるように。役割対象が重複する上により手軽にバトルゾーンに出せるマッハファイター群や《“乱振”舞神 G・W・D》の登場も失速の要因としては大きい。

超天篇では、GR召喚による大量展開が環境でみられるようになり、このカードは再び評価を上げる。さらに、DMEX-06にて《爆銀王剣 バトガイ刃斗》の情報が公開されてからは【モルト NEXT】の強化が期待されたため、このカードの使用率も増えた。ただ、「大量展開された時にはすでに手遅れ」という考えからこのカードを《ハムカツ団の爆砕Go!》に入れ替えるケースが目立つようになった。

DMEX-06期あたりから《爆流忍法 不死鳥の術》型が【モルト NEXT】の型として主流化すると、よりアドバンテージの稼げるドラゴンが優先され、このカードはあまり見かけなくなった。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]