《ルナ・コスモビュー》 [編集]

ルナ・コスモビュー SR 水文明 (9)
クリーチャー:サイバー・ムーン 5000
G・ゼロ−9枚以上手札を持つプレイヤーがいれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
自分のターンに1枚目のカードを引く時、もう1枚余分に引いてもよい。

DM-16で登場したサイバー・ムーンG・ゼロとエクストラドロー能力を持つ。

ドロー能力はそれほど悪くないが、9コストも支払って出すような能力ではなく、パワーも低いため、G・ゼロで出したいところだが、G・ゼロとドローが全く噛み合っていない。基本的にそんなに引けているならこのカードを出す必要性は薄いし、相手の手札が9枚あるような状況なら普通はもう敗北目前である。

このカードの真価はやはり《神々の逆流》とのコンボだろう。(>【逆流コスモ】
マナゾーンにこれを4枚埋めて《神々の逆流》を撃つと、一気に4体の《ルナ・コスモビュー》が並ぶ。予め《草原の種》を用意しておき、コスモビューのエクストラドローから自分だけ高速でマナを回復するのも面白い。

もしくは、ドローゴーデッキ《海底鬼面城》デッキなど、手札が異様に増えていくデッキで使いたい。
特に《海底鬼面城》デッキの場合、中速ビートダウンコントロールなどのやや遅めのデッキを組めば、二枚も鬼面城を要塞化する事で9枚の手札を手に入れることは容易である。

【速攻】をしつつ、《困惑の影トラブル・アルケミスト》から召喚するという、トリッキーなデッキも考えうる。
デッキビルダーの腕が試されるカードと言えよう。
後により軽いG・ゼロ条件とプリン効果を持つ《ビーチボーイズ》が登場したものの、コストや種族、召喚後のアドバンテージの違いから差別化は容易。

  • カードの性質上、採用される時は4枚積みになることが多いが、再録も行われていない古いスーパーレアである為に集めにくいことが難点。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ルナ・コスモビュー VR 水文明 (9)
クリーチャー:サイバー・ムーン 6000
G・ゼロ:9枚以上手札を持つプレイヤー
ブロッカー
W・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。

W・ブレイカーブロッカーを得た。パワーも1000上がったが、《火炎流星弾》の射程内に入ってしまった。

cipで1枚ドローする能力に変更され、ドローは即効性のある能力になった。自分の手札が9枚以上かつ手札に他の《ルナ・コスモビュー》があればコスト踏み倒しで続けてバトルゾーンに出すことができる。

《インビンシブル・テクノロジー》とはデザイナーズコンボ。あちらの能力で確実に手札が9枚残るので、成功すれば一気に展開ができるようになる。

ただ、手札の上限が10枚のデュエプレでは、手札過多の問題に直面しまいがち。G・ゼロを発動させるために手札補充に躍起になるのもいいが、相手がビートダウンなら、シールドをブレイクされた時に手札が溢れて墓地にこぼれてしまわないように、できるだけ気をつけたいところ。

  • デュエプレとしては珍しく、能力の対象が自分と相手を区別しないカードとなっている。
  • デュエプレでは、TCG版で相性の良かった《神々の逆流》は、手札の上限を超えてしまう恐れがあるからか、収録されていない。

サイクル [編集]

DM-16スーパーレアベリーレアで構成される大型G・ゼロクリーチャー

DMPP-06の非進化の大型G・ゼロクリーチャー

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]