《ルピア・ラピア》 [編集]

ルピア・ラピア P(C) 火/自然文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード 3000
自分のドラゴンを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、ドラゴンを1体、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

DMC-51で登場した多色ファイアー・バードで、ルピアの名を持つ。

《コッコ・ルピア》《竜舞の化身》を合わせたような効果を持ち、コストが増えた分パワーが上昇している。
パワー3000なので、軽量システムクリーチャーの天敵である《ローズ・キャッスル》《火焔タイガーグレンオー》などで焼かれない点が密かに優秀。
《コッコ・ルピア》と合わせてコスト軽減カードを8枚体制にする選択肢もあるだろう。

《フェアリー・ライフ》等によるマナブーストと組み合わせて、3ターン目に召喚できると強い。
デッキの核となるドラゴンマナゾーンに落ちた場合でも自身の能力回収でき、《竜舞の化身》では稀に起こった「交換後にが足りなくなる」ということもない。
また、ドラゴンを回収する能力は任意なので、回収すべきドラゴンがマナゾーンになければそのままマナに埋めてマナ加速を図れる。

総合的に見て、4コストは若干重いが、召喚後の汎用性はかなり高い。
色が合えばドラゴンデッキ全般で安定した活躍が見込める。
《ボルシャック・NEX》の能力でリクルートできるため、NEXデッキにも良い。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]