《ルーレット・ビーム》 [編集]

ルーレット・ビーム C 火文明 (5)
呪文
S・トリガー
相手の、パワー5000以下の多色ではないクリーチャーを1体破壊する。

DM-24で登場した呪文

文明の低コスト単体除去《トルネード・フレーム》から、多色クリーチャーが対象に取れなくなり、焼ける範囲が+1000されている。

S・トリガー呪文のため、《パシフィック・チャンピオン》《大勇者「大地の猛攻」》等の優秀な小型進化クリーチャーも破壊できるのは強みである。

コスト5と、《地獄スクラッパー》などに比べて手打ちしやすいのも特徴として挙げられる。《ボンバ・ドール》《フレイムランス・トラップ》等に加え、新たな選択肢が増えたという見方ができるだろう。

しかし後のDMRP-01完全上位互換《フライパン・マウンテン》が登場。このカードが使われることはもうないだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ルーレット・ビーム C 火文明 (3)
呪文
S・トリガー
相手のパワー3000以下の多色でないクリーチャー1体を破壊する。

DMPP-08で登場した。

こちらは《グシャット・フィスト》から、多色クリーチャーが対象に取れなくなり、コストが-1されている。

コスト論としては妥当だが、S・トリガーで撃つ場合はコスト減の意味がないため爆発力は落ちたと言える。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-24DMPP-08
    何事も無かったかのように、通り過ぎる奴もいれば、一瞬で黒焦げになる奴もいる。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]