《ロールモデルタイガー》 [編集]

ロールモデルタイガー SR 水/自然文明 (9)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 14000
<バズレンダ>[無色(3)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(3)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(3)]支払った回数、使う)
BR-カードを1枚引き、その後、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。
マッハファイター
T・ブレイカー
相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

DMEX-09で登場した/自然トリックス/チームウェイブ

バズレンダcipでのドローコスト踏み倒しと、相手クリーチャーへの攻撃先誘導を持つ大型マッハファイター

マナゾーンカード枚数を参照する踏み倒し方はマナの確保に長けたチームウェイブの戦略と合致している。

大型踏み倒し能力を持ったカードには、《轟破天九十九語》が存在しているが、こちらはcipをトリガーさせられる点で勝っており、十分差別化は容易。

踏み倒し能力は追加コストを支払わなくても十分強力だが、1回でも追加コストを払って召喚できれば、超重量級クリーチャーを2体同時に出せるため、《生命と大地と轟破の決断》を超えるあらゆる即死コンボを生み出せるだろう。
以下、即死コンボの例。

【青黒緑チームウェイブ】にとどまらずどのようなビッグマナ全般のデッキに採用を検討できる。【青黒緑シャコガイル】【5色蒼龍】にとっては願ったり叶ったりのカード。《ドンジャングルS7》では踏み倒しできない《水上第九院 シャコガイル》を出しつつ攻撃先誘導で防御を固めることができ、《水上第九院 シャコガイル》をそのまま素出しするよりもアドバンテージを稼ぎやすい。

ルール [編集]

  • バズレンダcipを何回も使う場合、マナの枚数が1回ごとにチェックされる。12マナの状態からだと、1回目はコスト12以下を、2回目はコスト11以下まで出せる。

環境において [編集]

このカードが登場した十王篇環境はまだビッグマナに立場にある時期ではなく、【5色コントロール】全盛期の王来篇環境になってようやくオリジナル環境で偶に見かけられるようになった程度。

といっても、王来篇時点での【5色コントロール】はマナを伸ばして10マナ台前半程度であるため、BR能力も1度には使えて2回程度といったところ。そもそも採用クリーチャー《灰燼と天門の儀式》《襲来、鬼札王国!》リアニメイトできるコスト帯にほぼ統一されるのがデフォルトであるため、9コストとあと一歩及ばないコスト帯のこのクリーチャーはこの点でも恵まれない。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

  • 当然このカードも踏み倒し対象になる。このカードが複数枚マナゾーンにあるならマナゾーンのこのカードを連鎖的に並べるのも良い。相手によっては攻撃先誘導が有効になっているこのカードが複数枚あるだけで勝負が決まるので、これは覚えておいて損はない。

アニメでの活躍 [編集]

その他 [編集]

  • 些細な事だが、バズレンダによる1ドローとマナゾーンからのコスト踏み倒しが全く噛み合ってない。これは1マナブースト、あるいは1マナブースト1ドローだと強すぎると判断されたためか。
  • 『ロールモデル』とは模範的な、手本となる人物を指す言葉。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]