九極(きゅうきょく)精霊(せいれい) マウリエル》 節を編集

九極の精霊 マウリエル VR 光/水文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/革命軍/侵略者 12500
ブロッカー
T・ブレイカー
相手のクリーチャーはすべて、シールドをひとつ少なくブレイクする。

DMR-21で登場した/エンジェル・コマンド/革命軍/侵略者

相手クリーチャーシールドブレイク数を1減らすという珍しい能力を持つT・ブレイカーブロッカー

革命編に引き続き登場した「〜極」と名の付くコスト9のエンジェル・コマンドであり、九極シリーズでは初の多色クリーチャー

多色とはいえ、《九極 デュエンジェル》に続く《ヘブンズ・ゲート》で簡単に出せるデメリットのないT・ブレイカーは単純に強力。無論《究極ゲート》《超九極 モモタルス》等にも対応しており、コストの割に出す手段は豊富。

クセの強いカードの多い九極シリーズにしては珍しく《五極 ギャツビー》と同様に汎用性が高く、【ヘブンズ・ゲート】【九極侵略】のどちらでも使いやすい。

  • ブレイク数を1枚に固定する《インパクト・アブソーバー》との併用でどのような挙動をするかはDMR-21発売日時点で事務局の暫定回答は保留となっている。「コストは1以下にならない」と「コストは0以下にならない」を合わせてコストをどこまで下げられるかのように基本ルールに関わる問題であるためである。そのため、大会などでこのような場面に遭遇した場合はジャッジの指示を仰ぐべきである。
    • 真木孝一郎氏のTwitterによると、《マウリエル》と《アブソーバー》2枚を併用した場合は《アブソーバー》の効果ブレイク枚数が固定されて増減することはなく、「ブレイク枚数は1枚」となる。参考
    • 正式な処理としては、まず《マウリエル》の効果を適用し、ブレイク数が1枚以上あれば《アブソーバー》によって1枚に固定という形になる。
      《マウリエル》効果の適用時点でブレイク数が0になった場合はブレイクが発生しなくなるためそのまま0枚となる。

関連カード 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

  • DMR-21
    革命軍に加入した九極たちは、どのチームにも属さず革命軍をサポートした。

収録セット 節を編集

参考 節を編集