五連(ごれん)精霊(せいれい)オファニス》 [編集]

五連の精霊オファニス SR 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5000
G・ゼロ:バトルゾーンに5文明すべてのカードがそろっていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
自分のクリーチャーが破壊される時、バトルゾーンに5文明すべてのカードが揃っていれば、そのクリーチャーを墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。

DM-16で登場したエンジェル・コマンド
5文明すべてのカードバトルゾーンに揃うことで機能する、常在型能力を持つ。

5色揃えば自分のクリーチャーはすべてモヤシとなる。
その上G・ゼロでタダ召喚ができる為、クリーチャーを並べる上でのテンポアドバンテージを失わない点も優秀である。

効果を発動できれば破壊に対して滅法強くなり、自軍の再展開がし易くなる。いつまでも並べ続けられるようなら物量作戦で押し切ってしまうこともできる。
また、全体除去でも喰らわない限り、このクリーチャーのG・ゼロ再発動も容易い。

一方で、効果を発揮できないと5マナのバニラである。モヤシ効果も厳しく言えば『能動的』に使いにくい為、活躍させるには一工夫する必要がある。
相手のカード文明も計算に入るものの、巡り合わせだけでは揃わないことのほうが普通なので、必然的に自分は多色デッキを使うことになる。

効率よく使うには5色カードを使うのが一番である。
使う場合は、デッキ構築の段階から可能な限り文明を分散させて少ないクリーチャー能力を使えるようにしたい。
また、バトルゾーンに存在する文明をカウントする際、クロスギアウエポンフォートレスの持つ文明もカウントできる。《ノーブル・エンフォーサー》などの使いやすいクロスギア《龍覇 マリニャン》ら中型ドラグナーを用いるのも一考。
参照するのがクリーチャーではなく『カード』のため進化クリーチャー進化元もカウントされる。なので《死神術士デスマーチ》進化元に適当な5色クリーチャーを置いても能力の発動条件を満たせる。

  • あたかも5色カードが出ることを予言していたようなカードである。因みにDM-27にて5色カードが登場するまでに実に2年3カ月もの年月が経過している。
  • テキスト中で「そろって」の表記がひとつ目の能力では「そろって」となっているが、ふたつ目の能力では「揃って」となっている。
  • 《愛魂憎男》との相性も抜群。運こそ絡むものの、GR召喚するデッキを歪ませずに使えるかもしれない。

サイクル [編集]

DM-16スーパーレアベリーレアで構成される大型G・ゼロクリーチャー

収録セット [編集]

参考 [編集]