偽りの悪魔神(コードデーモン) バロム・ミステリー》 [編集]

偽りの悪魔神 バロム・ミステリー P 光文明 (7)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド/アンノウン 12000
進化−自分のデーモン・コマンド1体の上に置く。
自分のデーモン・コマンドがバトルに勝った時、カードを1枚引いてもよい。その後、進化でないデーモン・コマンドを1体、手札からバトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー

DMX-11で登場した進化デーモン・コマンド/アンノウン

自分のデーモン・コマンドバトルに勝利した時にカードを一枚引き、手札非進化デーモン・コマンドコスト踏み倒しバトルゾーンに出す。
《死神明王バロム・モナーク》と似た能力だが、墓地ではなく手札からのコスト踏み倒しである点に注意。当然、手札デーモン・コマンドがいなければ不発になる。
もっとも、自身の能力で先に任意でカードを引いてから踏み倒しをするか決められるので、デッキを【連デモ】気味にしておけばほぼ不発はない。
能力で踏み倒しするカードを《魔城の黒鬼オルガイザ》《威牙の幻ハンゾウ》等のパワー低下効果を持つデーモン・コマンドにすることで、さらなる能力発動も狙える。

また、《死神明王バロム・モナーク》同様《粛清者モーリッツ》との相性がいい。あらかじめ出しておけばコスト踏み倒しするたびに相手クリーチャータップできる。

専用デッキ【バロム・ミステリー】では活躍してくれるだろう。

  • ドロー、踏み倒しは共に任意。また、テキストが「カードを1枚引いてもよい。その後」となっているので、どちらかの能力だけ使用することも可能。《百発人形マグナム》が睨みを利かせているならば能力を使わなくてもよい。
  • ミステリー(mystery)は、神秘的、謎、不可思議なことの意。
    ただ、のデーモン・コマンドの命名ルールを考えると、このカードの場合は小説のジャンルの「ミステリー小説」から来ていると思われる。
    同胞の命名を包括する形となり、光のデーモン・コマンドの王としてふさわしい名前である。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]