偽爆電融(ぎばくでんゆう) ゾルネードシヴァ》 [編集]

偽爆電融 ゾルネードシヴァ SR 水/火/自然文明 (9)
クリーチャー:ディスペクター/アンノウン/フレイム・コマンド 23000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
Q・ブレイカー
自分のクリーチャーすべてに「マッハファイター」を与える。
自分のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。その後、相手のシールドを1つブレイクしてもよい。

DMRP-18で登場した//自然ディスペクター/アンノウン/フレイム・コマンドクリーチャー

ディスペクター共通能力のEXライフと高いパワーによって耐性は高い。

自分のクリーチャーすべてにマッハファイターと、バトルに勝った時に強制ドロー任意ブレイクをする効果付与を行う。
マッハファイターによってバトルに勝った時の能力も発動させやすく、相性はいい。このクリーチャー自身もマッハファイターになるため、単体でも1体除去と1ドロー・1ブレイクを行える。
他のクリーチャーと組み合わせるなら、「相手プレイヤーを攻撃できない」デメリット能力と引き換えに高いパワーを持つクリーチャーがなかなか狙い目になるだろう。

ただ、コストが9とかなり重く、この重さで1体除去、1ドロー、1ブレイクだけでは元が取れているとは言い難いため、他のクリーチャーも並べていきたいところ。しかし、その重さから同一ターンに味方を並べるのは難しい上、前のターンからバトルゾーンにいたクリーチャーにはマッハファイター付与は効果はない[1]のが難点か。

《接続秘伝ドミニオンスパイク》とは相性が良い。アタック・チャンスで踏み倒すことにより、自身のマッハファイターと合わせて2体に効果バトルを仕掛けることが出来る。

その他 [編集]

竜トルネードシヴァXX》りの名 ゾルゲ》の『電融』ディスペクター

背景ストーリーではゲンムエンペラーと対峙する。全ての行動が罠であり、迂闊な攻撃は敗北を意味すると謳われるが、関係ないとばかりに突撃してきたゲンムエンペラーに全ての罠を夢幻の無に取り込まれてしまった。そのままゲンムエンペラーの翼の一撃で両断され、さらに再生する間もなく細切れにされあっさり打ち破られたのだった。

アニメ「デュエルマスターズ キング!」ではボルツ戦にてハイドが使用。マッハファイターシールドブレイク効果によって圧力をかけた。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-18
    その一挙手一投足はことごとく「偽り」だった。

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] マッハファイターバトルゾーンに出たターンにしか効果はない