光神龍(こうしんりゅう)アルティメス》 [編集]

光神龍アルティメス VR 光文明 (8)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン 6500
W・ブレイカー
ブロッカー
バトルゾーンに出た時、次のいずれかひとつをランダムに行う。
►自分の山札の上から1枚目をシールドゾーンに加える。
►ランダムな相手のアンタップしているクリーチャー1体をタップする。
►自分のマナゾーンから呪文を探索し、1枚を手札に加える。

DMPP-07で登場したデュエル・マスターズ プレイスオリジナルカード。

cipで3つの能力のうち1つが使えるが、ランダムで選ばれる上に、どの能力もコスト5以下のカードできるものばかりなため、コストに対してかなり地味。

特に一番下のモード能力は、探索した場合必ず手札に加えないといけない。状況によってはデメリットにもなりうる。

なぜか、相手1体のタップ対象すらランダムになっている。
これはおそらく、デュエプレではcipを持つクリーチャーを召喚する際、バトルゾーンに出る前にcipの対象を選んでおく(ここでキャンセルすることもできる)という仕様があるせいと思われる。

光のブロッカーなので《ヘブンズ・ゲート》で出せるが、単純な性能なら《血風聖霊ザーディア》などライバルが多すぎる。「ドラゴン」という特徴を活かせば《超竜バジュラ》など進化元《アルティメット・ドラゴン》といったカードのサポートになるかもしれない。この目線でも《光神龍ベティス》という優良候補が既にいるが。

似た境遇の《黒神龍ガルバロス》と比較しても、デメリット能力こそないが、アタックトリガーもなくなったため、《幻想妖精カチュア》で踏み倒してコスト以上のリターンを求めるような運ゲーを楽しむこともできない。

関連カード [編集]

デュエル・マスターズ プレイスのうち、「PS2・-邪封超龍転生-」のゲームオリジナルドラゴンサイクルが元になったと思われるカード。いくつかの弾にまたがって収録されている。DMPP-07現在《ボルブレイズ・ドラゴン》に対応するドラゴンが存在しない。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 進化クリーチャーのパワーは、同コストの非進化バニラの+4000という式を採用した場合