冥界(めいかい)() [編集]

冥界の手 UC 闇文明 (1)
呪文
自分のシールドをすべて裏向きにし、シャッフルして並べる。

DM-22で登場した呪文

自分のシールドをシャッフルする効果を持つ。

《アクア・マスター》などで表向きにされたシールドを裏向きにすることは出来るが、まず実戦で前述の《アクア・マスター》のような、シールドを表にしたり、覗いたりするカードはほとんど使われず、そのメタカードとしての出番はほとんどない。

せいぜい能動的に使うとすれば、《ホーリー・メール》《エメラル》《アクア・スーパーエメラル》シールドカードを仕込んだ後にこれを使い、どこにS・トリガーがあるのか判らなくする程度だろう。

無論、相手がコントロールならばトリガーを恐れなくともよいタイミングで攻撃すればよいのだし、ビートダウンならば最初から多少のトリガーは気にしていない。むしろ、この行動によるディスアドバンテージのほうが問題である。

ルール [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-22
    魔龍湖の東にある死の塔。その頭頂部が発する波動は、魂の因果を結び直すという。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《「剛力の火砲」》の「自分のカードをシールドゾーンに置いた時」の能力は、《冥界の手》を唱えてシールドをシャッフルして並べた時にも発動しますか?
A.いいえ、発動しません。「並べる」、「表向きにする」など、シールドゾーンに新たなカードが追加されていない場合は能力は発動しません。
引用元