刻一黒の成長(パブリックイメージ・アンリミテッド) グレートブリテン》 [編集]

刻一黒の成長 グレートブリテン UC 闇文明 (1)
クリーチャー:アウトレイジMAX 0000+
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
このクリーチャーのパワーを、自分の墓地にあるカード1枚につき、+1000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DMEX-17で登場したアウトレイジMAX

パワード・ブレイカーを持ち、墓地のカード1枚につきパワーが+1000される。

パワード・ブレイカーを持つ最軽量のクリーチャー。アウトレイジでもあるため《秘密結社アウトレイジ》G・ゼロにも対応している。
《夢幻なる零龍》などの0マナで墓地にカードを置けるカードを1ターン目に使う、もしくは2ターン目に《キリモミ・ヤマアラシ》などを使えば、最速2ターン目にパワー1,002,000の168枚ブレイクを叩き込める。
前者の場合、1ターン目に闇マナ、2ターン目に火マナをチャージできれば、コスト2のスピードアタッカーと組み合わせて、2ターンキルで相手をねじ伏せられる。1ターン目に《神出鬼没 ピットデル》《無重力 ナイン》を召喚しても可。《ピットデル》はこのクリーチャーを出すための墓地肥やしも兼ねられる。
後者の場合は、1ターン目に《凶戦士ブレイズ・クロー》などを出せば、2ターンキルとなる。
もっとも、要求値が非常にシビアになるため、実現できたら幸運程度に考えておくとよいだろう。

ここまで極端な構築でなくても、1コストW・ブレイカーまで行けば十分な性能。墓地肥やしの得意なデッキならT・ブレイカー程度までは持っていける。

  • 名前の後半部分の元ネタはイギリスの正式名称「グレートブリテン」だろう。[1]
  • 初出はデュエマいやほいゲーム
    1. 刻一黒の成長(パブリックイメージ・アンリミテッド)…正解の選択肢。イギリスのロックバンド「パブリック・イメージ・リミテッド」より。唯一元ネタがイギリスのバンドだった。
    2. 漆黒の仕掛け(ディープ・トリック)…アメリカのロックバンド「チープ・トリック」より。
    3. 薔薇と神槍(トンギヌス・アンド・ローゼス)…アメリカのロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ」と《トンギヌスの槍》より。
    4. !!!(チック・チック・チック)…アメリカのロックバンド「!!!」(チック・チック・チック)。この選択肢のみ元ネタとルビどころか表記までそのままである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-17
    カツキング黒幕の陰謀から救ってくれたことには礼を言うが、オレ様とお前の決着がついたわけじゃないからな!  -刻一黒の成長 グレートブリテン

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] さらに言うと「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」