剛撃(ごうげき)聖霊(せいれい)エリクシア》 [編集]

剛撃聖霊エリクシア SR 光/自然文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/ジャイアント 3000+
ブロッカー
パワード・ブレイカー
自分のマナゾーンにある文明ひとつにつきパワーを+3000する。

DMPP-03で登場した/自然エンジェル・コマンド/ジャイアント。攻撃可能なブロッカーである。

3文明以上解放でコスト論以上のコストパフォーマンスになる。2文明でも《光翼の精霊サイフォス》から回収が消え、多色になったぶんパワー+2000された程度の性能はある。
マナゾーンの色の縛りがゆるいデュエプレでは5色デッキを比較的簡単に作ることができる。

文明数が揃えば、パワーの高いクリーチャー《光器ペトローバ》1体でパンプアップされてもバトルで負けることはない。
4文明以上あれば、攻撃中の《神滅竜騎ガルザーク》にも悠々とバトルに勝ってしまう。
《グラディアン・レッド・ドラゴン》《薩摩の超人》《超神龍アブゾ・ドルバ》などの純粋な高パワーを持つクリーチャーはランクマッチでは使用率が低いため、戦闘面では頼りになる。
これほどのパワーがあれば除去以外で対処することが困難であり、パワード・ブレイカーで高い打点にもなるためアタッカーとしても優秀。
《ホーリー・スパーク》《クエイク・ゲート》による戦闘破壊を除去手段にしているデッキには強烈に刺さる。

そのまま使っても上記のような活躍が見込めるが、やはりブロッカーであることを活かし《ヘブンズ・ゲート》で出していきたい。

一方、《デーモン・ハンド》などの確定除去にはパワーに関係なく対処されてしまう。
同弾で登場した《腐敗勇騎ガレック》などのパワーに関係ないブロッカー破壊は天敵である。
相手の手札に除去カードがありそうな場面では安易に出すことは控えたい。

  • パワード・ブレイカーによる一斉ブレイクは、相手のS・トリガーを同時に発動させてしまう危険性をはらんでいるため、攻撃するタイミングには注意したい。

環境において [編集]

DMPP-03登場時は最高スペック時のパフォーマンスはコスト論を逸脱した性能を持っていたが、どれだけ大きくとも所詮準バニラであり《デーモン・ハンド》で対処されて終わりという評価だった。
同弾で登場した《マイキーのペンチ》で強襲するという使い方も考えられたが、《ペンチ》を維持しつつマナの文明も揃え、7マナまで伸ばすという条件が厳しいためファンデッキ止まりであった。
《碧空の守護者リムル・エイド》で《エリクシア》を破壊から守るというアイディアも、《リムル・エイド》自体の汎用性が低くバウンスからは守れないため実現困難であった。

DMPP-04では《西南の超人》が登場し、早期着地が狙えるようになる追い風を受けた。しかし白緑【ジャイアント】は構築が難しく、さらには《西南の超人》は環境からのマークが厳しかった為、この切り口からでは活躍の機会には恵まれなかった。
ただ、同弾では《ヘブンズ・ゲート》も登場した。環境初期には【ヘブンズ・ゲート】を入れる意義が気づかれておらず、白青白青黒にして《天海の精霊シリウス》を優先するタイプも少なくなかった。
その後《無双竜機ボルバルザーク》と組み合わせることでデッキにが入ることが正当化されると、そこに《血風聖霊ザーディア》《悪魔聖霊バルホルス》も入れる事でマナの文明数が5つになるという最高の組み合わせになることが発覚。《シリウス》を淘汰する採用率を見せることになった。

DMPP-05では《プリズム・ブレイン》が登場し、多色であることの付加価値が強化された。後に《ボルバルザーク》がDP殿堂入りしたため自然を入れない【ヘブンズ・ゲート】も使われるようになったが、変わらずこのカードと1枚の《ボルバルザーク》のみで自然文明を補うデッキも使用されている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-03(デュエプレ内)
    文明の頂点に立つ二つの種族が手を取り合った時、計り知れない力が生まれ、世界を震わせた。
  • DMPP-03(公式カードリスト)
    文明の頂点に立つ二つの種族が手を取り合った時、測り知れない力が生まれ、世界を震わせた。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]