(いにしえ)羅漢(らかん)バグレン》 [編集]

古の羅漢バグレン R 闇文明 (5)
クリーチャー:デーモン・コマンド 3000
バトルゾーンにある、タップされている相手のクリーチャーのパワーは-1000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DM-14で登場したデーモン・コマンド
タップされた相手クリーチャー全てに-1000のパワー低下をかける。

実質パワー1000以下のクリーチャーは(攻撃する前に破壊されるため)攻撃不可能となり、その他のクリーチャーに対してもバトルに勝ちやすくなる。
刺さらない時は全くと言っていいほど刺さらないため、過信は禁物。
普通に使う分には、より軽い《ローズ・キャッスル》上位種《黒神龍ザンジバル》のほうが使いやすい。

更にDMR-05でほぼ上位互換《希望の親衛隊ファンク》が登場。
あちらはアンタップされているクリーチャーでもパワーを1000下げる上に、サイキック・クリーチャーパワーなら5000下げられる。
転生編で登場した最初期のパワー低下持ちであるため、このスペックの差は仕方ないか。

単体性能は登場当初から今ひとつだったが、コストの軽いデーモン・コマンドとしては珍しく癖のない能力を持っており、《悪魔神ドルバロム》進化元としてデッキに採用されていた。
【ターボドルバロム】が苦手とする速攻にもある程度強く、進化元と同時にビートダウンに対する足止め役を兼ねられる。
もっとも、サイキック・クリーチャーの登場以後は実質コスト5で出せる《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》にその役目を奪われている。

  • 般若の能面を着け、刀と提灯を携えた姿は後のサムライを髣髴とさせる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

公式FAQにて、ルールの詳細が明らかになっている。

アタックトリガータップする前に発動する
《猛菌剣兵チックチック》攻撃する時、先に「カードを1枚引く」を解決してからパワー低下常在型能力が働き、《チックチック》が破壊される。
変更時期は不明だが、現在のVer.では《チックチック》が破壊されてからカードを1枚引くようになっている。
ちなみに、タップスキルの場合もタップしてから効果を解決する。(《ピーカプのドライバー》などで、解決前に破壊されてたとしても効果は消滅しない。)
「このターン終了時」の効果が発動してから「このターン(の間)」の効果が切れる
《エナジー・チャージャー》《ソーラー・チャージャー》が使用されている時、「このターンの終了時、選んだクリーチャーをアンタップする」が先に処理され、自分のターンが終了した瞬間に「このターン、自分のクリーチャー1体のパワーを+2000する」がなくなる。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-14DMPP-04
    繁栄がもたらしたもの、それが全て良いものとは限らぬ。呪われし魔道がまた地獄を生むであろう。
  • DMC-38
    邪凶のお告げがこの世に響く。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]