命運(めいうん)伝道師(でんどうし)ラミエル》 [編集]

命運の伝道師ラミエル R 光文明 (5)
クリーチャー:バーサーカー 3000
ウェーブストライカー
WS−相手のターン中に自分のクリーチャーが破壊された時、カードを1枚引いてもよい。

DM-11で登場したバーサーカー
ウェーブストライカー能力で、相手ターンに味方が死ぬたびに1ドローできる。

しかし相手のターン中という条件が厳しく、ドローエンジンとしてはかなり使いにくい。
で同コストにはより早いタイミングでドローできる《雷鳴の守護者ミスト・リエス》がおり、また文明は異なるもののより緩い条件でドローできる《封魔妖スーパー・クズトレイン》も存在する。

ウェーブストライカーの頭数をそろえるにしても、には強力なフィニッシャー《星雲の精霊キルスティン》の他、《予言者ラメール》《堅防の使徒アースラ》などの優秀な小型クリーチャーがおり、こちらを採用する理由には乏しい。

  • ラミエルの元ネタはキリスト教・ユダヤ教の天使「ラミエル」だと思われる。
    • アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に第五使徒ラミエルというキャラがいる。そちらと元ネタが同じ。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

命運の伝道師ラミエル C 光文明 (4)
クリーチャー:バーサーカー 1500
S・トリガー
ウェーブストライカー:バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャー1体をタップしてもよい。

原型を留めない変化を遂げた。ただ相手をタップするS・トリガー獣が欲しいなら確実に効果を使える《予言者コロン》で十分だが、こちらはウェーブストライカーの頭数になれる点で差別化可能。
また、フレーバーテキストも原型を残しつつリメイクされた[1]
《星雲の精霊キルスティン》ウェーブストライカーでパワー6000に強化される3コストウェーブストライカーサイクルでのタップ&デストロイに最適。

《予言者コロン》と比較すると、ウェーブストライカーという条件があるにも関わらずパワーが500しか上がっていない。とはいえ、タップ&デストロイがクリーチャーを並べる戦術を基本とするウェーブストライカーと相性がいいこと、S・トリガーを持つウェーブストライカーが貴重であることから採用率は高い。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-11
    戦線維持の為、伝道師達は常に戦場を走り続ける。大事な言葉を伝える為に。
  • DMPP-04
    戦況把握の為、ラミエルは常に戦場を巡り続ける。すべては無限軍団の勝利の為に

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] なぜか文末の句点が無いが(Ver.2.1.1現在)。