地獄(じごく)スクラッパー》 [編集]

地獄スクラッパー R 火文明 (7)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーを、パワーの合計が5000以下になるように好きな数選び、破壊する。

DM-14で登場した割り振り火力S・トリガー呪文スクラッパー呪文のひとつ。

ウィニー処理を得意とする防御札であり、《バースト・ショット》と比較すると自軍を巻き込まなくなっている。
何より言及べきは割り振り火力であり、ウィニーの複数除去だけでなく、中型クリーチャー除去も出来るため汎用性が大きく向上している。
勿論《バースト・ショット》とは一概な優劣関係はなく、後に自軍を巻き込まない《スーパーバースト・ショット》も登場するが、ウィニー処理のS・トリガーの主力は長らく《地獄スクラッパー》が勤め続けた。

元になった《地獄万力》と比較した場合、最大火力は3000下がったがS・トリガーがついたことは大きい。
防御札を兼ねつつ、柔軟な火力範囲で多くのデッキで活躍した。

後に多くの上位互換が登場したことで一線を退いたが、デュエマの歴史に名を刻んだ防御札の1枚である。

環境において [編集]

特に登場直後の転生編環境では【ボルバルブルー】に入るウィニーを根こそぎ除去することができた。例えば相手のクリーチャーが《無双竜機ボルバルザーク》以外に《幻緑の双月》《シビレアシダケ》《アクア・ハルカス》《青銅の鎧》各1体という状況で、《無双竜機ボルバルザーク》の最初のW・ブレイクによりこのカードが捲れたら、それらウィニーをすべて破壊することができ、後は《無双竜機ボルバルザーク》特殊敗北を待つのみであった。

戦国編にはいるとシノビが登場したことにより、S・トリガーの需要が大きく低下する。《地獄スクラッパー》のみならず、多くの汎用S・トリガーは採用率を落とした。
ただウィニー処理の観点では《地獄スクラッパー》にはまだ需要があり、【速攻】ビートダウン対策としてはもちろん、【シノビドルゲーザ】の小型ジャイアント達や、【白黒緑コントロール】で多用されるcip能力持ちウィニーを一掃する役目を持っていた。

神化編では【サイバー青単】【黒緑速攻】の2種の強力な【速攻】が登場した。【サイバー青単】パワーが高く刺さるとは言い難かったが、ウィニーを主体とした【黒緑速攻】には強烈に突き刺さった。
【黒緑速攻】は長らく環境に残り続け、以降《地獄スクラッパー》が採用される時は【黒緑速攻】を意識してのことが多い。

覚醒編に入ると4,5ターン目にサイキック・クリーチャーが飛んでくる環境に変化。5,6ターン目には12000越えの大型サイキック・クリーチャーが単独で切り込んでくるようになった。
サイキック・クリーチャー覚醒前からパワーが高いものも多く、また《超次元ボルシャック・ホール》《超次元ミカド・ホール》といった火力を備えた超次元呪文の登場により、覚醒編で既存の多くの火力は死滅した。この頃はビートダウン全般が下火であった。
ただ、その中でも【黒緑速攻】の存在故に、《地獄スクラッパー》は完全には死滅していなかった。《光牙忍ハヤブサマル》殿堂入りにより、しっかりブロッカーS・トリガーを用意しないと止めることが出来なくなったからである。

DMR-01完全上位互換《スーパー炎獄スクラッパー》が登場。このカードの仕事はそちらが引き継ぐことになる。
もうこの頃は【ラムダビート】【ギフトミランダ】など、4ターン目にはパワー6000以上のクリーチャーが切り込んでくる環境になっており、《地獄スクラッパー》の火力範囲では力不足になってきていた。
ウィニー処理に多くは《ボルシャック・スーパーヒーロー》が使用され、《勝利のガイアール・カイザー》の登場以降は超次元呪文で容易にウィニー処理が出来るようになった。

《スーパー炎獄スクラッパー》に関して、この時点では《黒騎士ザールフェルドII世》《ガイアール・カイザー》《星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン》など、コストを参照にするカードと併用する場合に、《地獄スクラッパー》が優先されることがあった。
特に手打ちすることがまずない赤単などでは、自分と相手の双方のガチンコ・ジャッジの使用を想定して、こちらを優先することもあった。

エピソード2環境では6コスト以内の割り振り火力である《めった切り・スクラッパー》などが優先されることが多くなっていった。環境高速化により早期にパワーの高いクリーチャーが出てくるようになり、基礎パワーの上昇もあって環境に通用しなくなるという問題は、全ての火力に当てはまるため仕方のないことだろう。

革命編DMR-17にて、同コストで割り振り6000火力S・トリガー獣である《破壊者 シュトルム》が登場。クリーチャー呪文かの違いはあるが、ますますこのカードの出番はなくなってしまった。

双極篇では《龍装車 マグマジゴク/地獄スクラッパー》としてツインパクト化を果たす。あちらの登場によって成立した【マグマジゴクワンショット】では、S・トリガースクラッパーの種類が不足しているため、このカードまで動員されている。上位互換が多く存在する中、名称カテゴリのお陰で首の皮一枚繋がった形となった。

その他 [編集]

  • 余談だが、タカラトミーが発売している「ヒートスクランブル」にて、地獄兵スクラッパーというカードが出ている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]