堅牢(けんろう)(つばさ) アリシオン》 [編集]

堅牢の翼 アリシオン C 光文明 (3)
クリーチャー:ジャスティス・ウイング 2000
ブロッカー
このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。
エスケープ

DMR-15で登場したジャスティス・ウイング
エスケープ持ちのブロッカー

除去耐性を持つが、登場当時はブロッカーエスケープのかみ合わせが悪く使いにくいと考えられていた。チャンプブロックでの破壊シールド回収で耐えられるが、「攻撃からシールドを守る」というブロッカーの仕事を考えた場合本末転倒とも言えてしまう。別段パワーが高いわけでもなく、ビートダウンもできない。その上、2000ラインのパワー低下はザラに存在するため、使われることは少ないと思われていた。当時は進化先に乏しく、その点でも評価を落としていた。

しかし、チャンプブロックによってある程度意図的に相手のターン中にシールドを手札に戻せる点から、S・バック呪文《パニッシュ・ホールド》と組み合わせる発見されたことで評価が一変。ドラゴン・サーガ環境トップメタであった【グレンモルト】に高い耐性が持たせられることができるようになる。そのため【白単速攻】の防御要員として積極的に採用されるようになる。強力な進化クリーチャーである《聖球 リブリバリア》の登場も追い風となった。

さらに革命編に入ると、シールドが少なさを発動条件とする革命能力が登場。シールドの枚数を調整しやすくなるエスケープはより重宝することになる。特に同時期に登場した侵略速攻によるW・ブレイカーT・ブレイカーQ・ブレイカーの猛攻をシールドひとつの犠牲で済ませられるのは強力の一言。革命は主に進化クリーチャーが持つ能力であり、ブロッカー、兼進化元としての活躍が期待された。

しかしその矢先に、より軽い《時の玉 ミラク》DMR-18で登場する。一応パワー2000ラインと相打ちを取れるという利点はあるものの、

  • 1500ラインの火力パワー低下は存在せず、1000ライン、ないしは2000ライン以上の火力パワー低下ではどちらにせよ変わらない
  • 侵略環境になり、パワーラインの高いアタッカーが中心になったため、パワー500の差が実質的に大した差にならない

などの理由から、ほとんどのデッキで《時の玉 ミラク》に置き換えられることとなり、5枚目以降の《時の玉 ミラク》の地位に甘んじることとなった。環境カードプールに翻弄され続けた一枚といえる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]