(ゆめ)変形(へんけい) デュエランド》 [編集]

夢の変形 デュエランド SR 水文明 (14)
クリーチャー:ジ・アンサー 14000
T・ブレイカー
このクリーチャーが召喚されてバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から7枚を墓地に置く。その中から、コスト7以下の水のカードを好きな数、コストを支払わずに使ってもよい。こうして7枚すべてを使った場合、自分はゲームに勝つ。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の墓地のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。

DMR-20で登場した新種族ジ・アンサー

デュエマーランドのアトラクションの1つ、デュエマ城がまさかのロボットに変形した姿であり、通算10枚目となるエクストラウィン能力を持つクリーチャー

その能力は召喚時に最大7枚ものカード踏み倒すという豪快なもの。その上すべてを使うことに成功すればエクストラウィンという強力極まりない能力を持っている。
しかし、目玉の踏み倒し能力召喚しなければ発動しない上、14という生半可なゼニスすら超える大きなコストを持つため普通にプレイしているだけではその能力を使うことは難しい。
加えて、能力の関係上デッキの中身をブースト手段に乏しい文明で固めなければいけないため、このカードをフル活用するためには専用構築が必須となるだろう。

同じくDMR-20に収録されている《イッツ・ショータイム》とはデザイナーズコンボを形成している。《夢の兵器 デュエロウ》又は《龍素記号X2 アーマ・フランツ》から5→8(マナ武装達成済みの《アクア大尉 ガリレオ・ガリレイ》なら4→8)と繋いで《イッツ・ショータイム》を唱えることで、相手が手札《超法無敵宇宙合金武闘鼓笛魔槍絶頂百仙閻魔神拳銃極太陽友情暴剣R・M・G チーム・エグザイル〜カツドンと仲間たち〜》などのコスト15以上のクリーチャーを持っていない限り、このクリーチャー召喚扱いでスムーズに出すことが出来る。

仮にコスト8以上や以外のカードが出てエクストラウィンに失敗しても、残りのカードのコスト踏み倒しは可能。エクストラウィンはおまけと割り切ってコスト7以下のカードを4〜5枚踏み倒すだけでも強力。その場合、狙い目となるのは《龍素記号Sr スペルサイクリカ》超次元呪文を連発して《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》V覚醒リンク多色なら《英知と追撃の宝剣》辺りだろう。

ルール [編集]

  • 使うカードは、あらかじめすべて使用宣言が必要ツインパクトを使う場合は、クリーチャー面か呪文面、どちらを使うかを宣言しておく必要がある。そして、使用宣言したカードはすべて一旦どこでもないゾーンへと移動してから、1枚ずつ処理することになる。
    • そのため、墓地に置かれれた7枚のカードの使用宣言をして、1枚目に《最終命令:3150-1059》などを唱えて墓地のカードを山札に加わえても、使用宣言された残り6枚のカードは山札に加わることはない。
  • 特殊勝利条件である「こうして7枚すべてを使った場合」というのは、あくまでもこのクリーチャーの能力によって使ったカードのみをカウントする。なので、このクリーチャーの能力で唱えられた《最終命令:3150-1059》オーラを使っても、それは特殊勝利獲得のための条件としてカウントされない。
  • 現在、特殊勝利効果は状況起因処理に当たると定義されている。そのため、7枚目に使ったカードが呪文だった場合は、その呪文を解決する前に勝利することになる。2020年2月26日に更新された公式Q&Aでもこのような記載がなされている。

    Q.《夢の変形 デュエランド》の「バトルゾーンに出た時」の効果で、7枚目に《エナジー・ライト》を使いました。《エナジー・ライト》の効果を実行すると山札が0枚になってしまう状況だった場合、自分はゲームに勝つことが出来ますか?
    A.はい、勝つことが出来ます。7枚目の呪文を唱えた時点で、呪文の効果を解決するより先に《夢の変形 デュエランド》の能力によって勝ちます。
    引用元
    以前の裁定では、能力の解決はテキストの一連の流れに沿って行うルールと、呪文を使った場合は能力の解決に割り込んでその呪文を解決するルールから、7枚目の呪文を唱える後で勝利することになっていたが、前者のルールが状況起因処理のルールに上書きされたため、以上のようなルールになった。

暫定回答なし [編集]

  • 7枚目に使ったカードがクリーチャーだった場合、バトルゾーンに出る前に特殊勝利できるか。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]