大作家(だいさっか)ゴリランボー》 [編集]

大作家ゴリランボー R 火文明 (3)
進化クリーチャー:ドリームメイト 5000+
進化-ドリームメイト
W・ブレイカー
パワーアタッカー+1000

DMPP-07で登場したドリームメイト進化クリーチャー

《機神装甲ヴァルボーグ》ドリームメイト版といったカード。パンプアップがシンプルにパワーアタッカー+1000になっているのでパワーが安定している。

単体性能だけなら《機神装甲ヴァルボーグ》と比べて見劣りするが、種族シナジーが強いドリームメイトなのでデッキの総合力では勝っている。

DMPP-08《霊騎幻獣ウルコス》が登場したことにより、進化元の確保および《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》アタックトリガーでマナが伸びやすくなった。《大作家ゴリランボー》の進化速攻が格段に使いやすくなったといえる。
DMPP-07では手札消費が激しい《大冒犬ヤッタルワン》に頼っていたためリソースの確保の両立が難しかった。

《進化の化身》で、探索にもかかわらず確実に手札に加える候補にできる点も長所となる。
召喚目的だけではなく、「マナゾーンに置く用の火文明カード」として手札に加えられるのが便利。

  • フレーバーテキストが示すとおり、DMPP-07時点でドリームメイトから進化するフェニックスは登場していない。
    • なお、DMPP-08でドリームメイトから進化するフェニックスが登場した。旅の途中で発見されたのか、旅とは関係なく出現したのかは不明。
  • 名前の由来は、大正から昭和期の推理作家である江戸川乱歩、または19世紀のフランスの詩人であるアルチュール・ランボー。
    • 本家に先駆けて初登場した火文明単色の進化ドリームメイト。火文明を含む多色なら《幻流星ミスター・イソップ》が居たが、あちらから連想される芸術家の側面は江戸川乱歩とアルチュール・ランボーには無い。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]