大河聖霊(たいがせいれい)エル・ドラード》 節を編集

大河聖霊エル・ドラード SR 光/水文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/サイバー・コマンド 15000
相手のターン中に、相手のクリーチャーがそのターンまだ一度も攻撃していなければ、相手のクリーチャーは可能であれば攻撃する。
相手のクリーチャーが自分を攻撃してブロックされなかった時、カードを1枚引く。その後、コストを支払わずに、手札から「S・トリガー」付き呪文を1枚唱えるか、「S・トリガー」付きクリーチャーを1体召喚してもよい。
T・ブレイカー

DM-37で登場したエンジェル・コマンド/サイバー・コマンド

相手に1度の攻撃を強制させる能力を持つファッティ。また、自分に対する攻撃ブロックしなかった時、カードを1枚引き、その後S・トリガー付きの呪文クリーチャーを1枚使用することができる。

能力は非常に強力で、《終末の時計 ザ・クロック》スパーク呪文《スローリー・チェーン》で確実な防御を行ったり、《パーロックの宝物庫》手札補充などが出来る。
普通に《アクア・サーファー》《閃光の守護者ホーリー》を出しても十分なアドバンテージを得られる。

自身の能力で1回の攻撃は保証されるが、クリーチャー攻撃対象にされると意味が無いので、プレイングには気をつけたい。ターン終了時にアンタップする能力などを使い、出来るだけシールドを狙わせるようにしたい。

また、攻撃を通してドローした結果何も使えなくても、自身が高パワーなので大抵の相手は殴り返しができる。

ただし、このクリーチャー自身が9マナと非常に重いのが欠点。このマナコストだと、相手のフィニッシャーも出揃って来ているので、悠長に出すと返しのターンですぐに除去されてしまうことも多い。
特に、《地獄門デス・ゲート》を喰らうと《永遠のリュウセイ・カイザー》のような8マナのクリーチャーが飛び出す可能性もある。

やはり、可能な限りコスト踏み倒しで出したい。多色であるため、《ロスト・ウォーターゲイト》山札の上に持ってきてから《エンペラー・ギュルム》で場に出すこともできる。種族サイバーを持つため、《超電磁トワイライトΣ》でのコスト踏み倒しも可能。

何らかのS・トリガーコスト踏み倒しできれば最高なのだが、相性の良かった《ミラクルとミステリーの扉》《転生プログラム》プレミアム殿堂したのは向かい風。
《ホーガン・ブラスター》《ミステリー・キューブ》殿堂入りしており、長らく冬の時代が続いた。
それから数年後、《ミステリー・キューブ》殿堂解除が決定。再び暴れだす日は近いのかもしれない。

  • サイバー・コマンドの名前にはアルファベットがひとつ入るのが普通だが、このクリーチャーの名前は「エル・ドラード」であり、「エル」の部分を「L(エル)」とかけている。ただし、Lはすでに《龍聖大河・L・デストラーデ》が存在する。
    • また、「エル・ドラード」の元ネタは南米にあると信じられてきた理想郷エルドラド(El Dorado)だろう。
  • 漫画「SX」ではアダム勝舞戦で使用。戦闘機のミサイル攻撃を受けたが、「クリーチャーがデュエル以外で死ぬものか」と言うアダムの言葉通り、無傷だった。

関連カード 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集